セコムとアルソックの特徴とは?大きな違いは何か?

ホームセキュリティで有名なセコムとアルソック

先日私の家に空き巣に入られて、
ホームセキュリティの重要性を身にしみて感じました。

ホームセキュリティをする場合、セコムとアルソックの名前が浮かびましたが
どのように違いがあるのか分かりませんでした。

早速、調べていくうちにセコムとアルソックの違いが分かったので
特徴や違いを簡単に紹介します。

 

セコムの特徴

セコムと言えば、あの長島監督のCM
「セコムしてますか?」で有名ですね。

セコムは日本初のホームセキュリティ会社なので
シェアもNo.1です。

緊急発信拠点は全国に約2,800ヶ所以上もあり、
異常事態発生や万が一の場合でも24時間365日、
すばやく対応してくれます。

緊急発信拠点が多いメリットとして
非常通報から現場到着時間までが短いというのがポイントです。

さらに、

家庭の防犯対策以外にも、セコムホームコントローラーを通して、
家族や友人の電話番号、保険証や運転免許証の身分証明書、
薬情報などの個人情報をセコムの「セキュアデータセンター」で厳重に保管してくれます。
そのため、万が一、地震や火事などの災害に遭遇した場合でも
セコムに情報を預けているので大切なデータを失わずに済むメリットがあります。

またセコムには「補償制度」があるのも重要なポイント!

この補償制度はもし、災害や盗難にあった場合に
損害額に応じて保険金や見舞金が支払われる制度になっています。

ホームセキュリティのシステムやサービス内容が充実している分
価格が高いのがデメリットです。

 

アルソックの特徴

アルソックはセコムに次ぐ業界No.2のシェアです。

アルソックの一番の特徴は価格の安さです。

「リーズナブルな料金で利用できる」と口コミでも評判です。

待機所は全国に2,100ヶ所以上あり、セコムと同じくらい拠点を持っています。
アルソックはユーザー目線のサービス内容があり、
スマホ、携帯電話、PCを使ってセキュリティの解除・セット、
窓開閉の確認が行えるなどのシステムがあります。
また、価格設定も各家庭の状況に合わせたプランになっていてます。

工事費やセキュリティ機器など初期費用が0円から初められる
ゼロスタートプランは、比較的リーズナブルな価格で始められます。

 

以上、

簡単にセコムとアルソックの特徴や違いを紹介しました。

まとめると、

補償制度があるシステム重視のセコム
価格重視のアルソック

ということになると思います。

私も被害にあったとき、建物の破損したところの修理費や
盗まれた現金のことを考えると、単なる価格だけでなく
補償制度があるセコムの方が安心かなと思いました。

失ったものは現金だけでなく、普段の平穏な日常生活や
安心感といったものまでもが一瞬にして崩れてしまいました。。。。。

これは私の意見だけなので、それぞれの家の大きさや部屋の間取り、
予算など人によって違うので、まずはセコム、アルソックの資料請求をしてみて
自分の目でたしかめたほうがいいですよ。

⇒セコムの無料資料請求はこちら!

⇒アルソックの無料資料請求はこちら!

 

 

 

 

 

コメントを残す