空き巣の被害にあってアルソックの無料セキュリティアドバイスを受けました!

実際に、空き巣の被害があってから、すぐに無料資料請求して
送られてきた資料やDVDを見て、一通りアルソックの防犯について分かりました。

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

でも、資料だけでは、実際に自分の家の場合には
どのような防犯システムにすればいいのか分かりません。

また、

アルソックに入る入らないは別にして、
今、現状でできる防犯対策や家の盲点などのアドバイスが欲しいので
電話して無料セキュリティアドバイスを申し込みました。

アルソックへの問い合わせはこちら!

電話で、簡単に被害の状況を説明して日程調整しました。

すぐに話を聞きたかったので、翌日にアポイントメントを入れることができました。

当日、アルソックの方が訪問していただいて
被害にあった場所や家の様子を一通り見てもらいました。

なお、アルソックの方に指摘していただいたことはこちらの記事にまとめています。

⇒アルソックの方に防犯対策についてアドバイスを聞いて分かったこと。

家の現状、防犯対策についてアドバイスを頂いて
それでは実際にアルソックを導入する場合についてお話を聞きました。

ホームセキュリティというと、すべてのドアや窓に開閉センサーをつけるものだと思っていましたが、アルソックの場合は、開閉センサーはとりつけないようです。

その代わりに無線式空間センサーというものを天井につけるようです。

開閉センサーをつけてもいいのですが、泥棒は窓を開閉せずに侵入するケースがあるので
空間センサーがいいとのことです。

この空間センサーは、熱を感知するセンサーです。
ですから、ペットなど室内で飼っている場合は、注意が必要とのことです。

また、

私の家のように2世帯の場合は、遠隔非常ボタンというものがあると便利なようです。

例えば、1階の親が留守で、2階に1人でいる時、
1階で物音があった場合は、この非常ボタンを押すことで
すぐにアルソックが駆けつけてくれるようです。

基本的なシステムは
コントローラーと無線式空間センサーだけ
あとは、オプションで遠隔非常ボタンを設置したり
玄関にアルソックライトを取り付けたり、
防犯カメラを取り付けたりとできるようです。

もし必要最低限のホームセキュリティをするのであれば
コントローラーと無線式空間センサーだけになります。

この空間センサーもいくつ取り付けるかで
価格も違ってくるようです。

今回は、お話を聞くだけにとどめておいて
検討して見積もりの必要があれば連絡する形で終了となりました。

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

コメントを残す