【土井勝先生秘伝の技】しわのない黒豆の炊き方!

黒豆作り方.jpg

しわのない黒豆の煮方として、
調味液に一晩漬け込んで煮るという方法が
一般的になっていますが・・・・

実は、この方法は料理研究家で有名な

土井勝先生が15年かけて編み出した方法と言われています。

15年がかりで編み出した黒豆の煮方を紹介します。

<材料>

黒豆(乾) 300g

黒豆で有名な丹波産の黒豆が楽天で購入できます。
↓↓↓
>>丹波黒豆1kgはこちら!>>

錆びた鉄くぎ 約10本

錆びた釘がない場合は鋳鉄製でもOK!

⇒黒豆用の鉄茄子はこちら!

<煮汁>

・水 カップ 10
・砂糖 250g
・しょうゆ カップ 1/4
・塩 大さじ 1/2
・重層 小さじ 1/2

調理方法

1、 水を沸かして煮汁を溶かして、火を止めたところに、
水で洗った乾燥黒豆を入れて一晩置きます。熱い煮汁で戻すのがポイントです。

ここでのポイントは黒豆を水で戻しさないこと。

2、 翌日、強火に掛け煮立たせ灰汁を取ります。

ここでのポイントは灰汁をしっかり取り除くこと。

差し水をしながら、数回行います。アクをとらないと、渋みが出ます。

3、 アクを取り終わったら、落としぶたをして蓋(二重蓋)をして、
弱火で約8時間ほど煮ます。煮るのは小分けでも良い。

4、 煮汁が蒸発して少なくなった場合、水では無く熱湯を足して、
ひたひたから少しかぶる位まで煮詰める。

5、煮え具合の確認時は、指でつぶしポンっと
飛び出るような場合はまだ皮が固すぎる。

ぽろっと潰れればOK。

6、煮加減が良ければ火を止め、釘を取りだして
一晩おいて味を馴染ませ完成。

出典土井勝(土井善晴)先生の「失敗しない黒豆の炊き方」 – 忘れられた記憶
http://m-jun.seesaa.net/article/115548394.html

おせち料理にはかかせない黒豆の煮方はいかがだったでしょうか?

土井流の煮方を知っておくだけでも
自分だけの美味しい黒豆を作ることができます。

これで黒豆の準備は問題ないと思いますが、
おせち料理は黒豆以外にも
伊達巻、栗きんとん、紅白なます、田作りなどなど
作る種類が多いですね。

すべて、手作りするのが理想的ですが
時間や手間がかかってしまうので、
他のおせち料理は単品で購入すると便利です。

手作りおせち単品おせちをうまく組み合わせると
おせち料理に苦労しなくてもいいですよ。

⇒紀文の単品おせちはこちら!

 

 

 

コメントを残す