めざましどようびハイ&ローゲスト中井貴一さんのハイとローのイメージとは?

2016年10月1日めざましどようびハイ&ロー
ゲストは中井貴一さん

中井貴一さんのハイとローのイメージはどうだったんでしょうか?

簡単にまとめてみました!

<ハイのイメージ>

・演技が自然。演技であるのに何もつくっていないように自然に見える

これに対して中井貴一さんは「最高の褒め言葉です!」と喜んでいました。

・声がいい。聞き取りやすくて落ち着いた声
・おしゃれ。年を取ればとるほど、おしゃれになっている。
年の重ね方に合った自分の見せ方を知っている。

オシャレということに関して、中井貴一さんは
テレビ番組に出るとき衣装は自前のようです。

洋服をコーディネイトするのは楽しいみたいです。

「ファッションアイテムの中で好きなのは?」と聞かれて
ずばり「腕時計」と回答。

その理由は?

「男ができるアクセサリーは腕時計くらい。
時計を好きになったのが父佐田啓二の時計を受け継いだことがきっかけ。
父は自分が2才半の時に死んで、父親の声も知らない、
何も知らないけれど、親父の腕の上で時を刻んでいたものが
何十年という時を経て俺の腕で人生の時を刻んでいることに
すごく感動して時計が好きになった。」

この話にじっと耳を傾けていた長野美郷アナは
「奥が深いですね!」と一言。

父親から子に受け継がれていく時計というのは、
単なるものを超えた命の時間を受け継ぐものなんですね!

<ローのイメージ>

中井貴一さんの自己分析では
「神経質そう」でした。

自分のことを「神経質」と自己分析した中井貴一さんでしたが、
さらにこのようなことも話していました。

「言っておくけど、俺は世の中が抱いているイメージと逆だと思う。
斜めになっているものをまっすぐにしなきゃダメとか、
ホコリがあったらヤダとか、そんなのないです。」

そう言って、

世間のイメージとは違うことをアピールした中井貴一さんでしたが、
実際のローのイメージで多かったのは何だったんでしょうか?

それは・・・・

「几帳面そう」でした。
(100人中19人)

街角のインタビューでは

「庭とかきれいにいじっていそう。
芝とか同じ長さじゃないと気が済まなさそう。」

という意見が出ました。

それに対して、

「そんなの面倒くさくない?外はきれいな方がいいけれど
芝目を揃えるのって大変だよ!」

と几帳面というイメージを否定しました。

中井貴一さんは「大ざっぱ」な面があるようで、
落ちたものでも、3秒ルールで食べるようです。

これを聞いた長野美郷アナが「中学生みたい!」と言うと

「てめ~このやろ!黙って聞いてりゃいい気になって!」

と半分冗談交じりで言うと

「おっしゃる通り、小学生のころから大して変わっていない。」

と自分の子供っぽさを認めていました。

その他のローのイメージは?

・潔癖症。自分のベッドで他人に寝てほしくない。

これに関しては「全くない」

海外ロケで宿泊し施設のお風呂で水道をひねると
水と砂が半分づつ出るところがあったようです。

つまり、

浴槽にお湯をためると半分は砂で半分はお湯。

こんな状態なら普通は入らないと思いますが、
中井貴一さんは平気で入るようです。

そんなことなので、潔癖症であるはずがないですね!

・天然。メガネをかけているのに、それが分からず探してしまう。

この様に言われて、

実はこの間実際にメガネをかけているのに気が付かず探したようです。

掃除をしていて「メガネがないな~」と思いながら
顔に手をあてたらメガネをかけていることに気が付いたようです。

・料理にうるさそう。手を抜くと怒られそう。

この意見に関しては、

料理にうるさくはないけれど、
まずいものをうまい!と言って食べないようです。

その理由は?

オレが「うまい!」と言って食べたとすると、
友達が来たときに同じものを出して
友達が「うわっ!なにコレ?」って思うはず。
そう思われることって、
俺に思われるより友達に思われた方がかわいそうじゃない?
だから、味がまずかったら素直に
「味を変えた方がいいじゃない?」と絶対に言います。

さらに話は続いて、

奥さんの中に

「なんでも食べてくれるの!優しくって!」
って言っている人がいるけど
「そんなのなにも優しくないからね!」

ときっぱりと否定。

「どうでもいいと思っているから食べている。
「そこは女子、間違えないほうがいいよ!」

と世の女性たちにためになるアドバイスをしてくれました!

中井貴一さんの意外な一面が見れた
今回のハイ&ローでしたが、10月8日から始まる
映画「グットモーニングショー」のメインキャスターという
役柄でも意外な一面が見れるかも?

⇒グッドモーニングショーのチケットはこちら!

 

 


コメントを残す