めざましどようびハイ&ローゲスト桐谷健太のハイ&ローのイメージのすべて!

2016年12月10日めざましどようびハイ&ローゲストは
桐谷健太さん。

桐谷健太さんと言えば、
AuのCMで「うらちゃん」として活躍してるだけでなく
桐谷健太さんが歌う「海の歌」がヒットし
紅白に初出場が決まり、俳優と歌手の両方で活躍していますね!

そんな、

大活躍中の桐谷健太さんの
ハイとローのイメージはどうだったんでしょうか?

簡単にまとめてみました。

<ハイのイメージ>

・何でもできるイメージ。俳優でも活躍し歌手としても活躍している。
・優しい人。心に伝わってくる歌い方が本当に心が優しい人と思った。

歌手としても活躍する桐谷健太さんですが、
歌を通して伝えたい事とは?と聞かれて

「思いを込めて歌って人を幸せにできるなら一番いいと思う」

と答えていました。

・ポテンシャルが高い。英語が通じなくても自分のポテンシャルでどこでもやっていけそう。

このイメージ対して、実際に
外国の人と気持ちで話したら爆笑できた経験があるようで
背の高い外国人と肩組んで一緒に歩いたりしたようです。

<ローのイメージ>

自己分析では
「アツすぎ」でしたが
実際の答えは・・・・

「アツ苦しそう」でした。
(100人中28人)

「アツ苦しそう」と言われて桐谷健太さんは

「みんな楽しんでいこうぜ!っていう気持ちはあるけれど、
やろうぜみたいな感じより、例えていうなら
赤い炎より青い炎の感じ。。。。って言うか、
ガッと出さないけれど温かい感じ。。。。」

この話を聞いていた長野美郷アナは

「赤い炎より青い炎が温度が高いのでは??」

と突っ込まれて、桐谷健太さんはしどろもどろに・・・・

でも必至で話そうとする桐谷健太さんは
やっぱりアツイ感じの男です!

他のローのイメージは?

・マイペース。修学旅行で枕投げして、騒ぎ疲れて一番最初に寝ちゃいそう。
・ヘビが苦手。普段はワチャワチャしているが、ヘビを見ると冷静に嫌がりそう。
・慎重派。家電買う時はネットで情報を仕入れたり店員からの情報を仕入れてから買う。

慎重派と言われた桐谷健太さんですが、
実際にモノを決めるときはスパッと決断するようです。

さらに、

長野美郷アナに

「なかなか決められないことってありますか?」と聞かれて

「10分考えて答えがでなかったらもう考えない方がいい」
と回答

これを聞いていた長野美郷アナに

「10分って短くないですか?」

と突っ込まれていました。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください