【ネタバレ】清水富美加の告白本「全部、言っちゃうね」衝撃的な内容とは?

2月12日に幸福の科学へ出家して
突然の芸能界を引退した清水富美加さん。

その清水富美加さんが、出家して5日後の昨日、
電撃的に発売した告白本「全部、言っちゃうね」が
世間を騒がせています。

出家するとき、

「清水富美加で得たものはすべて捨てます」

と言ったらとてもすっきりして
軽くなったとコメントしています。

2月18日めざましどようびで
「全部、言っちゃうね」の内容が
一部紹介されていました。

「全部、言っちゃうね」は、実は芸名の
清水富美加ではなく千眼美子の名で出版しています。

出家宣言の前日11日以降、数回にわたって
医師の立ち合いのもとインタビューを実施して
編集した内容のようです。

全4章148ページにわたってつづられています。

まず、

表紙をめくると、
清水富美加さんの不揃いな手書きによる
前書きがあります。

「全ての本を遺書を書くような思いでこの本に託した」

とコメントしているように
今の心境を真剣な気持ちで
語ったと思われます。

いったい清水富美加さんの出家した理由とは?

その理由が告白本に書かれています。


積み上げてきた自分の立場とか
仕事とか捨てたくないに決まってます。
捨てたくなかったに決まっているじゃないですか
(中略)
「なぜ今なの?」とも言われますが、
それは今やめないと本当に死にそうだったからです。
「ぶっちぎってもいい。人に迷惑をかけてもいいから
まずは自分の命を守れ」って言ってくれる人が
業界のどこにいるのでしょうか?
「弱みにつけこまれてる」って言う人もいますけど
「上等だよ」って感じですよ。
苦しい時事務所がまもってくれず幸福の科学が守ってくれた。


さらに話の内容は仮面ライダーに出演していた
エピソードになります。


仮面ライダーに出ていた当時は
早朝から深夜まで撮影があるにもかかわらず
交通費は最低限しか支給されないので
何駅分も歩いて帰ったり
タクシーは使えずにヒッチハイクしたり
(中略)
乗せてくれた人には怖い人もいたし
ユニークな人もいたけど危ないですよね(笑)


以上の内容が
2月18日のめざましどようびで
紹介されていました。

発表された本の内容を聞いているだけでも
清水富美加さんの心の状態が
かなり追い込まれていた様子がうかがえます。

清水富美加さんの芸能界引退をめぐって
レギュラー番組は対応におわれているようです。

この告白本の内容の真相はいかに?

⇒清水富美加さんのDVD・写真集一覧を楽天でチェック!

 

 

コメントを残す