パリで訪れたい三大通りとは?

1、シャンゼリゼ大通り

誰もがその名前を知っているシャンゼリゼ大通り。

通りの名前であるシャンゼリゼは、ギリシャ神話の
「エリュシオンの野」(Elysian Fields)からきています。

エリュシオンとは神々に愛された英雄たちの魂が
死後に送られる楽園を意味し、「エリート」の語源になったと言われています。

「オー・シャンゼリゼ」という歌にも歌われて、
パリへの憧れを持った人も多いかもしれません。

シャンゼリゼ大通りはコンコルド広場から
凱旋門まで続くパリの大通り。

多くのカフェやブランドショップが立ち並ぶ世界的観光地です。

シャンゼリゼ大通りは19世紀半ばからは
パリジャンたちの流行の発信地となりました。

今では「世界でもっとも美しい通り」として
毎日多くの観光客でにぎわっています。

シャンゼリゼ大通りの観光

シャンゼリゼ大通りには観光客と買い物客が最も多いパリ名所の一つ。

ルイ・ヴィトンなどの高級ブティック、
カフェ・フーケツやジョジュル・サンクなどの有名カフェ・レストラン、
リドなどの伝統的なキャバレーが立ち並びます。

東はコンコルド広場から始まり、美術展示場のグラン・パレ、
マリニー劇場、大統領府であるエリゼ宮、有名な凱旋門と約2キロに渡って続きます。

この大通りはパリの歴史軸に含まれ、
ルーヴル美術館から一直線に続いています。

通りの東半分は緑に覆われ、静かな散策にも最適。

西半分は日本人がイメージする賑やかなブティックエリアです。

シャンゼリゼ大通りはブティックとレストランだけではありません。

大通りのちょうど真ん中、エリゼ宮の前に広大な緑の公園があります。

ここはジャルダン・デ・シャンゼリゼ(Jardins des Champs-Elysees=シャンゼリゼの庭)と呼ばれる市民の憩いの場。

ブーローニュの森の緑地計画を担当した
造園家ジャン・シャルル・アルファンによって
造られた、美しい英国式庭園です。

園内には1848年に創設された
マリニー劇場(シャルル・ガルニエ設計)があり、
様々な演劇が今も現役で上映されています。

ベンチや噴水もあり、8区の近くに住む
ブルジョワ階級の子供たちが遊んでいる姿が見かけられます。

最もプルースト的な光景が見られるのはこの公園かもしれません。

 

2、サン・ジェルマン大通り

サン・ジェルマン大通りはパリ左岸にある大通り。

通りの名前はパリ最古の教会
サン・ジェルマン・デ・プレ教会(6世紀~)に由来します。

この辺りはサン・ジェルマン・デ・プレと呼ばれ、
17世紀末から貴族の邸宅とともに発展してきた高級エリア。

活気がありながらもシックで洗練された雰囲気の佇まいは、
パリを代表する人気の観光地です。

しかし数百年前は野原が広がるパリの外れだったそうです。

そんな高級地区にあるサン・ジェルマン大通りはとても長い通りで、
東はサン・ルイ島に架かるシュリー橋から始まり、
緩くカーブしてから教会を抜け、西はパリ7区の高級住宅街
(フォーブール・サンジェルマン)を抜けてコンコルド橋まで続いています。

現在サンジェルマン大通りはショッピングで有名になっています。

通りの周辺にはプラダ、フェラガモ、ジョルジオ・アルマーニや
ソニア・リキエルなどの高級ブランドが立ち並び、
高級ブランド街にもなっています。

そのためよくセーヌ右岸のシャンゼリゼ大通りと比較され、
この辺りに住むことが左岸ブルジョワジーのステータスとなっています。

しかし1930年代には哲学者や作家、学生などが多く、
大通り沿いのカフェでは実存主義者の
ジャン=ポール・サルトルらが執筆をしていました。

当時は「パリの知的中心地」として知られ、
戦中・戦後には多くの作家や芸術家が集まりました。

今ではブティックが増え、シャンゼリゼのようになってしまいましたが、
現在でも多くの出版社や書店があり、作家たちが様々なカフェで議論しています。

<サンジェルマン大通りのカフェ「レ・ドゥ・マゴ」>

サン・ジェルマン大通りは文学カフェでも有名です。

通り沿いにあるカフェの中でもレ・ドゥ・マゴや
カフェ・ド・フロール、ブラスリー・リップ(Braserie Lipp)の
3つのカフェ・バーはサン・ジェルマン・デ・プレの中心的存在であり、
サルトルなど戦後の作家・哲学者のたまり場でもありました。

1930年代、彼らは安ホテルに泊まりながらこれらのカフェで議論をし、
このサン・ジェルマン大通り周辺を国際的に有名な知の発信場所にしていきました。

レ・ドゥ・マゴでは1933年にドゥ・マゴ賞を設立し、
無名作家たちを支援し続けています。

カフェ・ド・フロールも1994年にフロール賞を設立し、
毎年カフェで作品の選考をしています。

このような文学を身近に感じられるのも
サン・ジェルマン大通りのカフェならではですね。

<サンジェルマン・デ・プレ教会>

サンジェルマン大通りの中心にある
サンジェルマン・デ・プレ教会より西側は
フォーブール・サンジェルマンと呼ばれ、
17世紀より貴族の邸宅が集まる場所として知られていました。

この辺りはフランスの作家マルセル・プルーストの
『失われた時を求めて』にも描かれ、
上流階級の住むパリの一等地というイメージが定着しています。

その辺りからサンジェルマン大通りは
パリ6区から7区へと入り、ブティック街から高級住宅街に変わります。

そこを抜けるとコンコルド橋の前にある国会議事堂へ到着し、
そこが大通りの西の終点です。

 

3、ヴィアデュック・デ・ザール(芸術高架橋)
Viaduc des Arts

ヴィアデュック・デ・ザールを例えるなら
パリの有楽町です。

パリは使わなくなったものも壊さずに
残しておくことに関しては天才的。

1969年に廃線となった国鉄近郊鉄道の高架橋
ヴィアデュック・デ・ザールもその一つで、
今ではそこにおしゃれなブティックや家具店が多く店を構えています。

ドーメニル通りにあるこの特徴的な赤レンガの高架橋は、
どことなく東京駅・有楽町駅をつなぐレンガ造りのガード下に似ています。

パリ中心部からはやや離れていますが、
パリ観光のリピーターでバスチーユ周辺が気に入った人や、
リヨン駅に降り立ってバスチーユ広場方面へ向かう人には
是非おすすめしたいスポットです。

ここでは流行の最先端をいくデザイナーや家具職人たちが
高架橋のアーチの下で立派な店を開いています。

高架下のアーチ部分を見事に利用した
ガラス張りのブティックはウィンドウショッピングに最適。

職人のアトリエや生地、人形、インテリアのお店などが入っています。

フランス革命当時からの家具職人の街
フォーブール・サン・タントワーヌにもここからすぐ近くです。

また、買い物だけでなく、高架の上に上ることができます。
そこにはかつての線路は残されていませんが、
今では緑の多い散歩道(プロムナード・プランテ/Promenade Plantee)になっています。

見晴らしもよくて気持ちよく、
サンドイッチなどの軽食を食べるのにはもってこい。

初めてのパリでここへ来る人は少ないかもしれませんが、
観光に疲れた体を癒すには最高の穴場スポットといえます。

この散歩道は4キロも続き、
日光浴やジョギングをする人に大人気。

緑豊かなルイイ公園を通ってパリの西端
ヴァンセンヌの森まで歩いて行くことも可能です。

かつての線路は今の遊歩道。

古いものを再利用するパリらしいスポットといえそうです。

コメントを残す