覚えておきたいフランス人の3つの定番挨拶

フランス人の挨拶にはどのようなものがあるか、皆さん、分りますか?

日本とフランスで挨拶の習慣は全然違うので、もしフランスにいて、
人を出迎えて「どう挨拶すればいいのでしょう?」と思うかも知れませんので、
ここでちょっと説明したいと思います。

1) Faire la Bise(挨拶のキスをする)

Kiss image「La Bise」と「Le Bisou」があるので、分けて説明します。
(仏語« Faire la bise フェア・ラ・ビズッ», « Faire un bisouフェア・アー・ビズ―
» )

「La Bise」と言うのが、右/左と2~4回お互いの頬を近付けて挨拶をします。
この時、キスの音を出してもいいです。

ただ、キスの音を出してもいいと言っても、
La Biseは、頬を近づけて行うだけものですので、
誤解しないでくださいね。

あと回数は2回から4回と特に決まっていません。

もちろん知らない人にはしないこともありますが、
結構フランス人は「La Bise」を知り合ったばかりにもすることがあります。

もちろん知りあったばかりの人でも、これから一緒に働くようになるとか、
これから強い繋がりが始まるようなシテュエーションには必ずと言っていいほどしますね。

親戚、学校またはサークルの仲間、(人数の少ない)職場か中の良い同僚など…。

また、これからお世話になる/お世話をするようになる人にでも、
フランス人的に、人懐っこい積極的な挨拶をしてあげますね。

一方で、「Le Bisou」の方は違います。それは本当の口付けです。

Un Bisouは、愛情関係が入った挨拶なので、言い方が似ていて微妙なのですが、
コミュニケーションの時には間違えないように(混同しない様に)注意してください。

「On se fait la bise ?」 挨拶のキス(la bise)をしましょうか?
(オー・ソフェ・ラ・ビズッ?)
[On se fait un bisou ?] (軽い)愛のキス(un bisou)をしましょうか?
(オー・ソフェ・アン・ビズー?)
になりますね~。

2) Serrer la main(握手をする)

handshakesフランス人は男女関係なく、結構握手をしたりします。

「Se serrer la main」(ソ・セゲ・ラ・マー)は一般の人への挨拶です。

「これからよろしく」「はじめまして」と言う意味なのですが、
「La Bise」をするまで近くない人や、仕事系の人や、一期一会の人に握手をします。

ビジネス系でしたら女性同士でも握手で挨拶をします。

シチュエーション的には、もし、あなたがフランスでインタービューに招待されて、
政治家や偉い人に出逢った時は、ゼッタイに「La Bise」をせずに、
[Serrer la main](握手)をしてくださいね!

3) Serrer dans les bras (抱きしめる ハグする)

愛することとは別の意味で使っているSerrer (人) dans les brasでは
「お久しぶり」「会いたかった」「心配していました」再会するか送別する時にも通常です。

それも男女(男男か女女)、同性の間にでもしたりしますので、
誤解しない様にご注意くださいね^_^。

昔のフランス人友達がいて、久しぶりに再会出来ると間違いなく
「se faire serrer dans les bras」がされると思いますね(笑)

Se serrer dans les bras(またはprendre dans les bras)は
「抱きしめる」の正確な翻訳なのですが、フランス人が結構[On se fait un câlin]
(オー・ソ・フェ・アン・カラー)[抱っこしよう]と言う言い方の方を使ったりしますね。
[On se fait un câlin]の方が可愛いですので、女性には好評ですね。

 

コメントを残す