【おせち料理の定番】黒豆の作り方とは?失敗せず美味しく炊ける方法とは?

おせち料理に欠かせない黒豆!

つやのある黒豆.jpg

黒豆はスーパーでも買えますが、
甘すぎたりして自分の口に合わないこともあります。

ましてや、

添加物が入っていたり、黒豆が中国産だったりすることもあるので
できれば、自分のお好みで黒豆を作りたいですね!

でも、

「黒豆って作るのが面倒で難しそう。。。。」

と思いがちですが、

意外や意外!

ポイントを抑えると、とっても簡単にできますよ!

まず、

黒豆を上手に仕上げるポイントは

「煮る前に豆を充分柔らかくしておくこと」

 

1、黒豆を煮る前に、下準備が重要

およそ2カップ、300gほどの黒豆を塩小さじ1/2を入れた
豆の量のおよそ3倍の水につけ充分に戻します。

つける時間は9時間以上は必要です。

塩水に漬けておくのは煮る時に皮がむけるのを防ぐためです。

 

2、豆が充分に柔らかく戻ったら漬け汁ごと煮る

時々差し水をしながら弱火で煮ていきますが、
この時、豆の頭が出ないようにして煮るのがポイントです!

豆の頭が出ないように煮ると堅くなりません。

紙蓋などで落としぶたをして煮ていきます。

 

3、親指と薬指を使って楽につぶせるほど充分に柔らかくなったら、砂糖を加えます。

加える砂糖は豆と同量程度(この場合300~400g)で
重そう小さじ1/2を加えて色止めします。

 

4、砂糖を加えたら4~5分ほど煮ます。

 

5、火を止めそのまま一番晩おきます。

この間に甘味が充分にしみ込んでいきます。

 

6、翌日再び火にかけ、最後に醤油を1~2さじいれます。
このときに入れ過ぎてはだめ、ほんの少々落とすつもりです。

 

以上が失敗しない黒豆の美味しい煮方です。

 

おせち料理にはかかせない黒豆の煮方はいかがだったでしょうか?

この煮方を知っておくだけでも
自分だけの美味しい黒豆を作ることができます。

おせち料理だけでも食卓は豪華な装いに
なりますが、食卓をさらに彩る、
みんなのテンションを上げるために
北海道直送のカニも注文してみては
いかがでしょうか?

うちは毎年ここでカニを注文してますが、
身がぎっしり詰まっててハンパなく
美味いです!

⇒北海道直送のカニはこちら!

 

 

【土井勝先生秘伝の技】しわのない黒豆の炊き方!

黒豆作り方.jpg

しわのない黒豆の煮方として、
調味液に一晩漬け込んで煮るという方法が
一般的になっていますが・・・・

実は、この方法は料理研究家で有名な

土井勝先生が15年かけて編み出した方法と言われています。

15年がかりで編み出した黒豆の煮方を紹介します。

<材料>

黒豆(乾) 300g

黒豆で有名な丹波産の黒豆が楽天で購入できます。
↓↓↓
>>丹波黒豆1kgはこちら!>>

錆びた鉄くぎ 約10本

錆びた釘がない場合は鋳鉄製でもOK!

⇒黒豆用の鉄茄子はこちら!

<煮汁>

・水 カップ 10
・砂糖 250g
・しょうゆ カップ 1/4
・塩 大さじ 1/2
・重層 小さじ 1/2

調理方法

1、 水を沸かして煮汁を溶かして、火を止めたところに、
水で洗った乾燥黒豆を入れて一晩置きます。熱い煮汁で戻すのがポイントです。

ここでのポイントは黒豆を水で戻しさないこと。

2、 翌日、強火に掛け煮立たせ灰汁を取ります。

ここでのポイントは灰汁をしっかり取り除くこと。

差し水をしながら、数回行います。アクをとらないと、渋みが出ます。

3、 アクを取り終わったら、落としぶたをして蓋(二重蓋)をして、
弱火で約8時間ほど煮ます。煮るのは小分けでも良い。

4、 煮汁が蒸発して少なくなった場合、水では無く熱湯を足して、
ひたひたから少しかぶる位まで煮詰める。

5、煮え具合の確認時は、指でつぶしポンっと
飛び出るような場合はまだ皮が固すぎる。

ぽろっと潰れればOK。

6、煮加減が良ければ火を止め、釘を取りだして
一晩おいて味を馴染ませ完成。

出典土井勝(土井善晴)先生の「失敗しない黒豆の炊き方」 – 忘れられた記憶
http://m-jun.seesaa.net/article/115548394.html

おせち料理にはかかせない黒豆の煮方はいかがだったでしょうか?

土井流の煮方を知っておくだけでも
自分だけの美味しい黒豆を作ることができます。

これで黒豆の準備は問題ないと思いますが、
おせち料理は黒豆以外にも
伊達巻、栗きんとん、紅白なます、田作りなどなど
作る種類が多いですね。

すべて、手作りするのが理想的ですが
時間や手間がかかってしまうので、
他のおせち料理は単品で購入すると便利です。

手作りおせち単品おせちをうまく組み合わせると
おせち料理に苦労しなくてもいいですよ。

⇒紀文の単品おせちはこちら!

 

 

 

【おせち料理の定番】失敗しない黒豆の作り方・調理法!

黒豆煮方.png

<しわの寄らない黒豆の作り方(レシピ)>

まず黒豆の選び方

黒豆は前年の豆だとかたく仕上がるので、
今年採れた新豆がお薦め!

黒豆と言うと丹波産のものが有名で、
粒も大きくそろっていますが、
北海道産、長野産の黒豆でも大丈夫です。

丹波産の黒豆は楽天で購入できます。
↓↓↓
>>丹波黒豆1kgはこちら!>>

黒豆の準備

黒豆はたっぷりの水の中で丁寧に洗ってください。

次に、

水と調味料を煮立たせた中に豆をひと晩漬け込んで、
味をしみ込ませます。

黒豆の煮方

しわの寄らない、ふっくら、つやつやの煮豆にするコツは、
空気に触れないように、いつも煮汁につかっているように煮ることです。

煮ていると、水が減ってくるので常に煮汁が豆にかぶっているように
お湯を足しながら、コトコト煮ましょう。

重曹を入れると豆が柔らかく煮え、
錆び釘や鉄玉子を入れて煮ると色が黒々とします。

古釘など使うより安心な鋳鉄製を使うといいですよ。

⇒黒豆用の鉄茄子はこちら!

煮えてからひと晩そのまま汁につけて冷ましておくと、
更に味がしみ込み、しわになりません。

 

以上が失敗しない黒豆の美味しい煮方です。

 

おせち料理にはかかせない黒豆の煮方はいかがだったでしょうか?

 

この煮方を知っておくだけでも
自分だけの美味しい黒豆を作ることができます。

これで黒豆の準備は問題ないと思いますが、
おせち料理は黒豆以外にも
伊達巻、栗きんとん、紅白なます、田作りなどなど
作る種類が多いですね。

すべて、手作りするのが理想的ですが
時間や手間がかかってしまうので、
他のおせち料理は単品で購入すると便利です。

手作りおせち単品おせちをうまく組み合わせると
おせち料理に苦労しなくてもいいですよ。

⇒紀文の単品おせちはこちら!


 

 

【簡単おせち料理】土井勝流 失敗しない黒豆の煮方!

黒豆.jpg

お正月のおせち料理にかかせない黒豆ですが、
つやつやふっくらした黒豆を炊くのは難しいもの。

料理研究家として有名な土井勝さん
編み出した黒豆の作り方は、
家庭でも上手に作れるものでした。

朝日新聞にも紹介され、
いまだにたくさんの主婦の方が
このレシピで黒豆を炊いているそうです。

土井勝さんいわく

「豆は、昔から『だましだまし煮る』

といわれるように、調味料のふくませ方がむずかしい。

そのためプロは、

ちょっと煮汁を煮つめては火を止め、豆を戻しては味をふくませて、
また煮つめ、と何度か繰り返します。

が、そんなめんどうは、

とても家庭には向かない。

何か別の方法はと毎年試して、
そう15年がかりで、この煮方にたどりつきました」

さっそく、15年がかりで編み出した
土井流の黒豆の煮方を紹介します。

【 材料 】

黒豆 300g

黒豆は丹波産の黒豆が有名です。

黒豆で有名な丹波産の黒豆が楽天で購入できます。
↓↓↓
>>丹波黒豆1kgはこちら!>>

砂糖 250g、塩 小さじ1~2、しょうゆ 50cc

重曹 小さじ2分の1(なくてもいい)

5~6cmのさびたクギ 約10本

なければ市販の卵形の鉄塊

⇒鉄玉子 楽天で買えるお店!

【調理方法】

1、黒豆をきれいに洗い、ざるにあげる。

2、クギをさっと洗い、さらしやガーゼで作った袋に入れて、口をくくる。

3、厚手の大なべに水10カップを入れ、煮たったら、
 砂糖、塩、しょうゆ、重曹、クギ袋を入れて火を止め、
 黒豆を加えてそのまま4、5時間つけておく。

4、なべを中火にかけ、煮立ったらアクをすくいとり、
  さし水100ccを加える。すぐに再び煮立つので、
  もう一度さし水100ccを入れ、アクをとる。

5、落としぶたをし、さらになべのふたをし、ふきこぼれないよう、
  ごく弱火で7、8時間煮る。この間、ふたはあけない。

6、豆がふっくらとし、煮汁がひたひたぐらいになったら火を止める。
  落としぶたとなべのふたをし、クギも入れたまま、煮汁につけて
  一昼夜おき、味を十分ふくませる。

【 ポイント 】

1、後から調味料を足せないので、きっちりはかっておくこと。

2、煮始めたら、火加減はごく弱火で。

3、空気が入って硬くなるので、煮あがるまで決してふたをとらないこと。

【黒豆が煮えたかどうか確認する方法】

黒豆が煮あがったかどうかは、
一つぶ縦にして、親指と人さし指ではさんでみる。

豆が座布団に座るように弾力があったらOK。

びゅんと飛び出してしまうようだったら、まだ硬いです。

(2009年2月12日 朝日新聞記事より)

以上が土井流の黒豆の煮方です。

土井流の煮方を知っておくだけでも
自分だけの美味しい黒豆を作ることができます。

これで黒豆の準備は問題ないと思いますが、
おせち料理は黒豆以外にも
伊達巻、栗きんとん、紅白なます、田作りなどなど
作る種類が多いですね。

すべて、手作りするのが理想的ですが
時間や手間がかかってしまうので、
他のおせち料理は単品で購入すると便利です。

手作りおせち単品おせちをうまく組み合わせると
おせち料理に苦労しなくてもいいですよ。
⇒紀文の単品おせちはこちら!