渋滞車内で楽しい子供の遊びまとめ!

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みなど、
長距離の車での移動で問題になるのが大渋滞

さらに、

子供を連れての移動となると
渋滞によって子供のが落ち着かず、騒ぎ出したり、
暴れたり収拾がつかなくなります。

ただでさえ、渋滞でイライラしているのに
子供が騒ぎ出すと、余計にイライラがつのります!

そこで、

渋滞で子供を飽きさせないようにするために
車内で楽しめる遊びやゲームを調べてみました。

参考になったのは日経プラス1のこちらのランキング

http://style.nikkei.com/article-image?ad=DSXBZO0612252021042010000001&ng=DGXZZO06110330R20C10A4000000

 

1~10位までを見てみると、
やはり人気はしりとり系、あるいは対向車のナンバーを使った数字ゲームですね。

しりとりといっても、一般的なしりとりはありきたりで
つまらないので、お薦めが「対象限定しりとり」

対象限定とは「赤いもの」「国の名前」「家の中にあるもの」
「車窓から見えるもの」など、言葉に制限をつけることで
面白くなります。

 

これと似たようなゲームが「山の手線ゲーム」ですね。

 

「山手線の駅名」など条件を決めて、
それに該当する言葉を順番に言っていくゲームです。

子供と楽しむなら「妖怪ウォッチのキャラクター名」など
子供が好きなキャラクターやアニメを題材にするといいかもしれません。

 

しりとりの応用として、「しりとり歌合戦」もお薦め!

 

歌を歌って途中でとめて、その最後の歌詞の文字から始まる歌を
次の人が歌っていくゲームです。

また、しりとりの発展系として連想ゲームもあります。

連想ゲームとは言葉当てゲームで、
例えば、「バナナ」が答えとした場合
バナナという言葉を使わずに、
「黄色、果物、甘い、長い」など、
バナナをイメージさせる言葉を使って、
答えを当てるゲームです。

子供と遊ぶ場合は、子供が好きなキャラクターや
アニメなどをお題にするといいです。

連想ゲームは誰でも知っていて、連想しやすいのが基本条件です。

 

次に、お薦めなのがナンバープレートを使った数字ゲーム

車のナンバー当てゲーム

このゲームはとっても簡単で前に走っている車や対向車の
隠れて見えないナンバーを予想して当てるゲームです。
ナンバープレートには都道府県の場所も書かれているので
ナンバーだけでなく、都道府県を当てるのも盛り上がります。

 

比較的高度なゲームとしてナンバープレートを使った計算ゲームがあります。

これは、4桁のナンバープレートの数字を使って四則演算(+、-、×、÷)をして、
いかに早く「10」を作れるか競うゲームです。

4桁の数字がすべて異なっており、かつ、0が含まれなければ、
必ず答えが10になる計算式を作れるそうです。

 

また、対向車や平行して走る車のナンバープレートを使って、
4桁の数字を使い語呂合わせしていくゲームもあります。

25-25(にこにこ)や、
46-49(よろしく)などというように、
同乗者全員で参加できるゲームです。

ナンバー遊びと近いものがありますが、
遠くからくる対向車のメーカーを当てるというゲームもあります。

このゲームは対向車の色やナンバープレートの番号などを、
みんなで予想しあっても盛り上がります。

 

あえて、

対向車線の次の10台目に来る車の
色またはナンバーを当てるゲームしても面白いですよ。

 

以上、

簡単に渋滞の車内で子供と遊べるゲームを紹介しました。

 

ここに紹介したゲームは、ほんの一部で
他にも色々あります。

でも、

どんな遊びにも言えますが、
子供は、初めのとっかかりはいいのですが、
時間が経つとすぐに飽きてしまいます。

飽きっぽい性格の子供を、いかに渋滞の中で
飽きさせずに楽しめるのかが重要です。

今回紹介したしりとりやナンバープレート遊びもいいのですが、
このゲームをずっとやるわけにはいきません。

そこで、

気分転換になるのが動画です。

動画配信サイトは色々ありますが、
ユーネクスコはHuluと違ってダウンロードできるので
あらかじめ家とかでスマホとかiPadとかに
ダウンロードしておいて車内とかオフライン
環境でも見れるのが便利ですね!



今なら31日間無料でお試しができます。

⇒ユーネクストを無料お試しで見てみる

ユーネクスコがいいかどうかは、
お盆休みに無料で試してみて判断してもいいですね!

 

 

2016年お盆の渋滞予測に役立つサイト一覧!

お盆休みの移動は渋滞覚悟が必須です。

渋滞と分かっていながらの移動になりますが、
できれば、渋滞に巻き込まれずに
スムーズに移動したいですよね?

そのためには、

各高速道路の要注意ポイントがわかれば、
移動のスケジュールが立てやすくなります。

そのためには、

常に最新の状況を把握して、
渋滞をうまく避けることをおすすめします。

ここでは、

高速道路の状況をリアルタイムに知る事が
出来る役立つサイトをいくつかご紹介します。

1、国土交通省 渋滞情報
http://www.mlit.go.jp/road/traffic/

国土交通省が提供している各地の交通情報のサイトで、
知りたい地域をクリックすると、
事故情報や渋滞、混雑などが色によって表されています。

うまく活用すれば混雑を避けてスムーズにドライブを楽しむ事が出来るでしょう。

2、日本道路交通情報センター(JARTIC)
http://www.jartic.or.jp/

こちらのサイトも都道府県ごとに検索できるとても便利なサイトです。

情報の内容は、国土交通省のデータをもとに表示されています。

日本道路交通情報センターでは、
有料ですが電話ガイダンスによりリアルタイム渋滞情報を提供しています。

お盆時期は電話も混雑が予想されますので繋がらない場合があるので
サイトの情報と併用してみる事をおすすめします。

3、NEXCO中日本 渋滞予測カレンダー
http://dc.c-nexco.co.jp/jam/cal/

東名高速道路、中央自動車道などの渋滞を予測できるサイトです。

こちらのサイトでは「渋滞予想カレンダー」が設置されています。

旅行をする日時や使用する高速道路を
指定して検索すると渋滞情報を調べることが出来ます。

移動のスケジュールを立てるときなどに、
参考情報を先回りして得ることができます。

4、ドライブトラフィック 渋滞予測カレンダー
https://www.drivetraffic.jp/map.html

ドライブトラフィックは携帯電話からもアクセスできる
便利な渋滞予測サイトです。

今何キロくらい渋滞しているのかという
詳しい情報や地図がワンクリックで表示されます。

また、

工事による規制情報も地図上にすぐに表示されるので、
よりリアルな情報を得る事ができ、便利です。

今回紹介したサイトは移動の際に役立つので
ブックマークなどしておけば便利ですよ。

渋滞情報も気になりますが、
家族連れで移動となると子供の問題もありますよね?

つまり、

子供が退屈して騒ぎ出してしまいます。

子供の退屈を解消するために、
しりとりやナンバープレートのゲームがありますが、
飽きっぽい子供にとっては次なる手が必要です。

その手とは?

「ユーネクスコ」



ユーネクスコは動画配信サイトですが、
Huluと違ってダウンロードできるから、
あらかじめ家とかでスマホとかiPadとかに
ダウンロードしておいて車内とかオフライン
環境でも見れるのが便利ですね!

⇒ユーネクストを無料お試しで見てみる

もしものために、あらかじめ
お子さんが好きな、アニメなどをダウンロードしておいて
見せるだけでも子供が喜びますよ!

 

 

 

2016年お盆の渋滞予想はどうなるの?ピークはいつ頃?

年末年始の次に渋滞が予想されるお盆休み!

お盆休みを利用して車で帰省する方や旅行をする方にとって
一番気になるのが渋滞情報です。

毎年、お盆休みの渋滞は覚悟の上での移動となりますが、
なるべくなら渋滞を避け、スムーズに目的地に到着したいですよね?

そのためには今の内からある程度の下調べが必要です。

渋滞ピーク時を把握することで、混雑を避けることができて、
嫌な渋滞に巻き込まれることを未然に防ぐとこが可能です。

また、

渋滞を覚悟をしておくだけでも精神的、肉体的な疲労も軽減されます。

では、

2016年のお盆休みはいつごろ帰省する方が多いと予想されるでしょうか?

2016年のお盆休みの主要高速道路の渋滞ピーク時を予想してみました。

普通、世間的にはお盆休みというと
8月13日~16日です。

今年は土曜日~火曜日になります。

そのため、

多くの会社はお盆休みは4連休と
比較的短めに設定しているようです。

企業の中には、年休取得をこの時期に推奨している会社があるため
8月6日(土)からお休みに入るケースも考えられます。

と言うことは、

8月6日から8月15日の10連休

または

8月6日から8月16日の11連休

となるケースがあります。

さらに、

2016年から8月11日山の日という祝日があるため
8月11日から8月16日の6連休で取るケースが多いのではないかと予想できます。

帰省ラッシュのピーク時間は?

8月6日7時頃
8月11日7時頃

帰省ラッシュのピークは先行してお盆休みが始まる6日(土)と、
一般的なお盆休みスタートの11日(木)が考えられます。

2日間ともに終日混雑が予想されますが、特に早朝の7:00頃は最も混む時間帯です。

なので、5日(金)や10日(水)の深夜3:00頃までに出発した方が混雑は避けられます。

早朝5:00頃出発しようと思っている方は要注意!

時すでに遅しで渋滞につかまってしまいます。

Uターンラッシュのピークの時間は?

8月14日(日)17時頃
8月15日(月)17時頃
8月16日(火)終日

お盆休みが終わる1日前の夕方は高速道路が一番混む時間帯なので、
おそらく8月14日と15日の夕方は渋滞のピークとなると予想されます。

混雑を避けるには、午前中の早い時間帯に出発するか、
やはり深夜に出発するのがおすすめです。

深夜でも、場所によっては混雑する場合がありますが、
日中に比べれば混雑は避けられます。

深夜の長距離の運転もきついと思いますが、
日中の長時間、のろのろ運転もかなりつらいです。

特に、

家族連れで長時間の移動となると
子供がじっとしていれなくて、
面倒見るのも大変になります。

おもちゃやゲームで遊ばせても、
中々落ち着かず、車の中で
騒ぎ出したり、暴れたりして
収拾がつかない場合もありますよね!

そこで、

今年の渋滞で子供の暇を持て余すことをなく、
スムーズに楽しく車の中で楽しむ方法があります。

それが、

「ユーネクスコ」



ユーネクスコは動画配信サイトですが、
Huluと違ってダウンロードできるから、
あらかじめ家とかでスマホとかiPadとかに
ダウンロードしておいて車内とかオフライン
環境でも見れるのが便利ですね!

⇒ユーネクストを無料お試しで見てみる

 

 

 

 

2016年お盆の渋滞ピーク予想はいつ?渋滞を回避する方法とは?

今年のお盆休みは、8月11日の山の日の祝日があることで
8月11日から16日の6連休が考えられます。

中には、

8月5日または6日からお盆休みを取るケースも考えられますが、
ほとんどが11日からお盆休みを取る傾向が強いと思います。

日本道路交通情報センターでは、
8月11日~16日に渋滞が発生すると予測しています。
http://www.jartic.or.jp/jartic_web/info/congestions.html

さらに

各NEXCOでは渋滞予測を8月6日から16日と設定して
各路線の渋滞予測の詳細をPDFでダウンロードしてみることができます。

NEXCO東日本の渋滞予測
http://www.drivetraffic.jp/map.html?t=p&pmode=cal

NEXCO西日本の渋滞予測
http://www.w-nexco.co.jp/traffic_info/guide/

NEXCO中日本の渋滞予測
http://www.c-nexco.co.jp/jam/

 

お盆休みは、早い場合で8月6日から始まるケースが予想されますが、
大抵は8月11日からと思います。

 

そのため、

 

予想される帰省ラッシュとして
8月10日17時~20時または11日6時から

もしくは、

8月13日17時~20時または14日6時から

Uターンラッシュのピークとしては
8月15日17時~、16日6時~

と予想されています。

今年から新しく8月11日が山の日で祝日であるため
前日10日の夕方から帰省ラッシュの混雑が予想されます。

渋滞を避けようと、
8月11日の早朝に出発しようと考えている方は
注意が必要です。

なぜなら、

渋滞のピークが朝5時くらいから始まる場合もあるので
安易に早朝から出発というわけにはいかないようです。

ですから、

渋滞を避ける一番の方法としては
深夜の時間帯がお薦めです。

深夜でも、場所によっては混雑する場合がありますが、
日中に比べれば混雑は避けられます。

深夜の長距離の運転もきついと思いますが、
日中の長時間、のろのろ運転もかなりつらいです。

特に、

家族連れで長時間の移動となると
子供がじっとしていれなくて、
面倒見るのも大変になります。

おもちゃやゲームで遊ばせても、
中々落ち着かず、車の中で
騒ぎ出したり、暴れたりして
収拾がつかない場合もありますよね!

そこで、

今年の渋滞で子供の暇を持て余すことをなく、
スムーズに楽しく車の中で楽しむ方法があります。

それが、

「ユーネクスコ」



ユーネクスコは動画配信サイトですが、
Huluと違ってダウンロードできるから、
あらかじめ家とかでスマホとかiPadとかに
ダウンロードしておいて車内とかオフライン
環境でも見れるのが便利ですね!

⇒ユーネクストを無料お試しで見てみる