空き巣の被害にあってセコムの無料セキュリティアドバイスを受けました!

実際に、空き巣の被害があってから、すぐに無料資料請求して
送られてきたカタログや暮らしの安全読本を読んで、一通り
セコムの防犯について分かりました。

セコムホームセキュリティ

でも、資料だけでは、実際に自分の家の場合には
どのような防犯システムにすればいいのか分かりません。

また、

セコムに入る入らないは別にして、
今、現状でできる防犯対策や家の盲点などのアドバイスが欲しいので
電話して無料セキュリティアドバイスを申し込みました。

⇒セコムへの問い合わせはこちら!

電話で、簡単に被害の状況を説明して日程調整しました。

すぐに話を聞きたかったので、明後日にアポイントメントを入れることができました。

実は、アルソックの次の日にセコムの訪問で調整できたので
アルソックとセコムの違いがよくわかりました。

事前にアルソックの方の意見を聞いてい入るので
比較できるので、話は聞きやすいです。

話を聞いていると、アルソックとセコムで意見が食い違うことがありました。

違い1 窓につけている面格子は役に立たない

家の窓には面格子をつけています。
アルソックの方は、面格子をはずには、手間と時間、大きな音が発生するので
そこまでリスクを犯してまでは侵入せず、むしろ簡単な所を選んで侵入するという見解でした。
しかし、セコムの方は、私の家につけている面格子(上の写真)は、強く引っ張れば
簡単に外れるとのこと。つまり、入ろうと思えば柵を外して侵入は可能のようです。

違い2、ホームセキュリティのシステムについて

アルソックの方の話しでは、主に無線式空間センサーによって防犯対策する話でした。
窓につける開閉センサーは、取り付けないようなことを話していました。

ガラスを割って侵入する場合もあるので、その時は開閉センサーをつけても意味がないとのことでした。

これに対して、セコムの方は、全ての窓には開閉センサーをつけると言っていました。
もちろん、空間センサーも取り付けます。
一般家庭のセキュリティは、外出中の防犯と在宅中の防犯の2種類あるようです。
外出中の防犯には開閉センサーと空間センサーを使います。
在宅中の防犯は開閉センサーだけでセキュリティを行います。

お店や事務所の場合は、お店や事務所を閉めるときにセキュリティを作動させてます。
つまり、店や事務所には人がいない状態でセキュリティシステムを作動させます。
しかし、家のセキュリティの場合は、家を留守にしている時だけでなく、在宅中の時も
セキュリティが必要になります。
在宅中の場合は、空間センサーは使えないので、開閉センサーで泥棒の侵入を防ぎます。

もし、在宅中でお風呂に入って換気する場合に窓を開ける必要がある場合は、その窓だけロックを解除することもできるようです。

このようなセコムの方の話を聞いて、アルソックには在宅中のセキュリティはないのか?
と思い調べてみましたら、アルソックにも同じように在宅中のセキュリティがありました。

営業の方の説明不足だったようです。

私の見解ですが、アルソックの場合は、価格の安さを売りにしているので、
あえて費用を抑えるために開閉センサーはいらないといったかもしれません。

他のシステムについても気になったので、違いがあるのかどうか
もう一度パンフレットを照らし合わせて見てみましたが、システムはほとんど同じでした。

オプションの機能も同じ内容のものでした。

アルソックの方は、アルソックライトという玄関にとりつけるライトも
必要なければつけなくても大丈夫のような見解でした。

しかし、セコムの方の話を聞くと玄関にはライトを取り付けたほうがいいようです。

なぜなら、このライトは泥棒との鉢合わせを避けることができるからです。

もし留守にしていて、このライトが点灯していた場合は、
中に泥棒が侵入しているサインです。
つまり、すぐに家から非難した方がいいサインだからです。

一番怖いのは泥棒と鉢合わせになることだそうです。

鉢合わせになった場合、泥棒は抵抗します。
その場合、刃物を携帯している可能性があるので
ケガをする危険性があるからです。

家の財産も大事ですが、自分や家族の身の危険を未然に防ぐ意味も
ホームセキュリティの役割のようです。

今回、セコムの方の無料相談を受けて感じたことは、
事前にアルソックの話を聞いているので比較対象ができて
話が聞きやすかったということです。

もし、これからホームセキュリティについて検討するのであれば、
セコム、アルソック両方の意見を聞くとより分かりやすいです。

100%完璧な防犯はありませんが、工夫次第では、
被害のリスクを低くすることは可能です。

セコムやアルソックに入るのが全てでなく、防犯ガラス、防犯フィルム、監視カメラ、赤外線装置など、自分でもできる防犯があります。

でも、すべてを1人でやるには限界があるので、都合がつけばセコムやアルソックなどの
ホームセキュリティのプロにお任せする方法が安心、安全だと思いました。

セコムホームセキュリティ

 

 

 

 

 

 

 

 

空き巣の被害にあってからセコムの無料資料請求をして届いた内容は?

セコムホームセキュリティ

前回の記事でセコムの無料資料請求方法を紹介しました。

資料請求したのは月曜日で、
届いたのが金曜日

つまり、申し込んでから5日で届きました。

K0320843

同じ時にアルソックにも無料資料請求しましたが
アルソックは3日で届きました。

セコムが遅かったのは、無料請求の申し込みは東京の本社で
資料の発送が沖縄だったので、時間がかかったと思われます。

早速、届いた封筒を開封してみると
以下の内容のものが入っていました。

K0320844

セコムのホームセキュリティのカタログ、
暮らしの安全読本だけです。

実にシンプルな内容でした。

アルソックの場合はチラシやDVDが入っていましたが
セコムの場合はシンプルだったのでちょっとビックリです。

資料はシンプルだけど、暮らしの安全読本は
防犯、防災について詳しく書かれているので
大変勉強になりました。

写真では分かりにくいですが、ボリュームはあります。

とりあえず、防犯の箇所を読みました。

現在の空き巣被害の手口やその対策方法について
詳しく書かれています。

これを読んだだけでも、自分達でできる防犯対策が
紹介されているので、すぐに役立ちました。

セコムの特徴は、実績と信頼性だと思います。
さらに、補償制度が充実していることです。

補償制度がある分、価格が高くなりますが、
防犯対策の場合は、価格も大事ですけれど、
それ以上に安心、安全が重要だと思うので
もし予算の都合がつけばセコムがいいと思いました。

パンフレットでセコムについて大まかな概要はわかりましたが
実際に自分の家ではどんなシステムが必要になるのかは分かりません。

そこで、

無料で見積もりやセキュリティアドバイスが聞けるようなので
早速電話して、お話を聞くことにしました。

その内容は次の記事で紹介します。

⇒セコムの無料資料請求はこちら!

 

 

 

 

空き巣の被害にあってからセコムの無料資料請求をしました!その方法とは?

セコムホームセキュリティ

私事で恐縮ですが、先日、泥棒に入られて被害を受けました。

月曜の午前中、買い物に出かけた隙を狙われました。

それまで、ホームセキュリティーなんて関係ないと思っていましたが、
いざ、泥棒に入られると、ホームセキュリティーの大切さを身にしみて感じました。

1度、泥棒に入られると、うかうかと安心して家で寝ることもできません。

また、泥棒が入ってくる恐れもあります。

そこで、早速私は、ホームセキュリティーで有名な
セコムとアルソックに資料請求しました。

警備会社には、他にもありますが、セコム、アルソックは
TVCMでおなじみで信頼性が高いと思ったからです。

今、すぐにでも家の安全を守ってほしいという気持ちですが、
まずは、セコム、アルソックどちらがいいのか資料請求してから
検討してみることにしました。

今回はセコムの無料請求の方法について画像を使って紹介します。

アルソックの無料資料請求方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

まず、セコムの資料請求はこちらをクリック!

セコムホームセキュリティ

するとトップページの一番上に
「資料請求」の赤いバナーボタンがあるのでそこをクリック!

セコム1

そうすると、画面が切り替わり、
名前、住所、電話番号、メルアドなど
必要事項を入力してください。

セコム2

すべての必要事項を入力したら
「入力内容を確認する」をクリック!

セコム3

すると入力内容の確認画面が表示されるので、
間違いのないことを確認してください。

セコム4

確認が済みましたら「送信する」をクリック!

セコム5

すると資料請求の申し込み完了の画面に切り替わります。

セコム6

また、すぐに登録したメルアドに資料請求の受付を
完了した内容が届いていると思います。

セコム7

以上で無料資料請求は終了です。

だいたい申し込みは1分あればすぐに登録がでいます。

私は沖縄に住んでいますが、申し込んでから
5日で届きました。

発送は沖縄のセコムからでした。

アルソックは申し込んで3日で届いたのですが
セコムの場合は少し遅かったです。

もし、今、「私の家は大丈夫!」と油断していると
私のように突然の被害にあいかねません。

被害にあってから申し込むのでは遅すぎます。

だって、失った現金はもどってこないのですから。。。。

そう考えると、セコムの重要性がわかります。

現在、ホームセキュリティーで考えている方の参考になれば嬉しいです。

⇒セコムの無料資料請求はこちら!

 

 

 

 

セコムの無料相談を受けて分かったアルソックの違い!

セコムホームセキュリティ 資料請求

前回の記事で、セコムの方に教えていただいた防犯についてQ&A形式で紹介しました。

アルソックとセコムの両方のホームセキュリティのシステムについて
色々と話を聞いて共通している所、違うところが分かったので簡単にまとめてみました。

基本的にアルソックもセコムもシステム自体は同じです。

共通している所

  1. 外出時の場合と在宅時の場合の両方の防犯システム
  2. 防犯、火災、非常サービス
  3. オプションとして、ガス漏れ、救急通報、ライフ監視サービス

違う所

補償制度

アルソック

災害見舞金制度:火災や家の破壊爆破、盗難による被害が発生した場合は見舞金として一律10万円が支払われる

セコム

盗難保険と建物損害修復費用見舞金がある

盗難保険(免責金額:1事故につき5000円)
現金・貴金属・美術品の場合 保険金額50万円
家財 保険金額200万円

建物損害修復費用見舞金
損害額が10万円以上100万未満 見舞金:損害額の範囲内でかつ10万円単位の金額
損害額が100万円以上 見舞金:100万円

料金設定

アルソックは工事費、機器費が0円で始められるスタープランがある
セコムは工事料と保証金が必要になる。ただし、この保証金はあとで返金になるのですが、
機器を取り外す時にかかる工賃がこの保証金で賄われるようです。

緊急発進拠点

セコム   全国約 2,830 ヵ所
アルソック 全国約 2,400 ヵ所

 

セコムとアルソックについて共通点と相違点をまとめました。

基本的にはホームセキュリティシステムは同じようですが、
料金設定や補償制度に違いがありました。

 綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

さらに、

緊急発進拠点の数がセコムが上回っているので
すぐ現場に駆けつけるスピードにも違いがあります。

沖縄県の場合では現場到着まで平均10.5分と数値が出ています。
警察は約7分のようです。

空き巣が入った場合に、被害を最小限に食い止めるためには、
やはり素早い対応が重要だと思います。

そのためには、多少価格の面ではセコムが高くても実績や信頼性、機動性で考えれば、
セコムの方がいいと思いました。

⇒セコムの無料資料請求はこちら!

⇒アルソックの無料資料請求はこちら!

 

 

 

 

セコムの無料セキュリティアドバイスを聞いて分かったこと。アルソックとの違い!

セコムホームセキュリティ

空き巣の被害なんて私は関係ない

と思っていていました。。。。

でも、

本当に空き巣の被害にあうと防犯対策や
ホームセキュリティーについて知りたくなります。

私も被害者の一人。

ホームセキュリティーの事を
他人事のように考えていましたが、
真剣に考える毎日です。

ホームセキュリティーと言えば、
2大ブランド、セコム、アルソックが有名です。

早速、無料で資料請求して一通りパンフレットに目を通しましたが
細かな部分は分かりません。。。。

無料セキュリティアドバイスを受けられるということなので
早速、電話をして家に来ていただきました。

今回はセコムの方に来ていただいて
詳しいお話を聞かせてもらいました。

なお、アルソックの訪問の内容についてはこちらの記事を参考にしてください。

先日はアルソックの方の訪問で今回はセコム

セコムホームセキュリティ 資料請求

両方のアドバイスを聞くと、
それぞれの違いが見えてきました。

まず、家の外周りを見ていただいてお話を聞きました。

セコムの方とのやりとりの内容を
Q&A方式で書きたいと思います。

 

Q1 窓に柵をしているのですが、アルソックの方は、柵を壊してまでは侵入はしないといっていましたが、大丈夫なのでしょうか?

A1 この柵は簡単に取り外すことが可能です。柵とは下の写真にあるようなごく一般の家で使われている柵です。

ある事例ですが、とあるお家で、台所の窓の柵を破壊して侵入したケースがありました。

台所なので、少し窓を開けていたようです。
窓を少し開けたとしても柵がしているから安心だと思っていたようです。

しかし、

あるとき、奥さんの現金17万円が盗まれていたようです。

奥さんは、まさか泥棒が侵入したことに気が付かず、
お金がないのは旦那のせいだと思ったようです。

旦那に話しても見覚えがなく、変だと思い警察に連絡して、
家を見てもらったら、なんと台所の柵が壊されて侵入していたようです。

なんと、

壊した柵はもとに戻されていたので、一見しただけでは、分かりにくかったようです。

この手の柵は、思いっきり引っ張ると外れるようなので、壊すのは簡単なようです。
また、この様な柵は簡単に外れるようになっているので、万が一家が火事になった時に
足で蹴とばすと柵が外れるので避難するにはいいようです。

でも、簡単に外せるということは、泥棒にとっても好都合

かといって、頑丈な格子をつけると、泥棒は侵入できないが、
火事になった時に逃げれなくなります。

ある面で都合いいことは、別の面では都合が悪いということですね。

すべてをカバーすることは難しいです。

Q2 アルミサッシでできた跳ね上げ式窓からでも侵入するケースがあるのか?

A2 跳ね上げ式窓の場合は、大きさにもよりますが、このような小さな窓の場合は窓全体を外さないと侵入できません。
窓を外すには、相当な時間と大きな音が発生するので、
あえて、リスクを冒してまで、ここから侵入するとは考えにくいです。

Q3 周りはアパートや他の民家に囲まれていて、人目につきやすい場所からの侵入方法とは?

A3 泥棒は、空き巣に入るときは、いかにも泥棒という恰好ではなくて、
スーツ姿の営業マン、作業着を着た業者の恰好して侵入します。
人目につくような場所であっても、堂々と侵入するケースがあるようです。
人から見ると、作業着を着ているので、「業者の方」と勘違いするので、知らない人であってもあえて通報はしません。
えも、泥棒は顔が知られるのを何より恐れるので、あえて人目につくところを選ぶ場合は少ないです。

Q4 泥棒の侵入方法は窓ガラスを割って侵入する意外にどんな方法があるのか?

まず窓ガラスを割る方法ですが、窓ガラスを扇型に切るカッターがネット通販で簡単に購入できます。これなら音も出ないので、空き巣に使われるようです。
また、雨水を流す2階からのパイプがあります。

このパイプを猿のように上って2階に侵入するケースがあります。

また、庭があるお家は脚立がある場合があるので、その脚立をつかって2階から侵入するケースもあるようです。
泥棒によっては、脚立を持参して侵入するケースもあります。

Q5 周りは他の家、アパートが立ち並ぶ中で、私の家だけが被害にあいました。これは、事前に私の家を調査して侵入しているのでしょうか?または、ただ通りすがりの犯行でしょうか?

A5 泥棒は、侵入する家を決めるにはリサーチしてから侵入します。
ある程度、ここに住んでいる家族の行動も調査した上で、留守になる時間を知ったうえでの犯行になったと思います。
要するに、泥棒は、この家の構造や人の動きは頭の中に入っていると思います。
表は庭があって木が何本かあるので、泥棒にとっては隠れ蓑になります。
裏は、公民館との間に挟まれていて、人目につきにくいし、そこに大きな柵の窓があります。表、裏ともに侵入されやすい家の構造になっています。

Q6 泥棒の侵入を防ぐ上で大切なこととは?

A6 泥棒が嫌うのは、人目に付くこと、音、光に敏感です。
ですから、未然に侵入を防ぐためには、人が近づくと音がなったり、ライトが付くことで
泥棒の侵入を防ぐことができます。
夜になると、庭に人が侵入しても分からない状況なので、そこにライトが付くようにすると防犯にはなると思います。
セコムにはライトが点灯するだけでなく、写真を取る機能もあります。動画ではないのがネックですが、証拠写真を残すことが可能です。

Q7、セコムのシールが防犯になるなら、シールだけでも購入できるのか?

セコムのシールはネットで購入できるようです。
セコムのシールが乱用されると、信頼性がなくなるため、シールだけの販売はしていません。何店舗もお店をもたれているケースで1店舗だけセコムに加入して、シールだけを他の店舗に貼っていて問題になったケースがあります。
今では、シールに登録番号が記入されるようになっています。

Q8、もし泥棒が侵入した場合、セコムは何分でかけつけるのか?

沖縄県で実際に実動した時の到着時間の平均は10.5分となっています。
ちなみに、警察は平均7分となっています。

法律では、現場には25分以内に到着することとなっています。
警備会社は警察ではないので、法定速度を守る必要があるため、時間がかかる場合があります。

 

以上、簡単ですが、質問した中でもみなさんにも役に立つ質問事項をいくつか紹介しました。

今回セコムの方の話を聞いて、アルソックとは違う見解をもっていることに気が付きました。
アルソックにはアルソックならではの防犯の知識がありましたが、セコムの方の話では、
やはりホームセキュリティー業界No1だけあって、話の内容をとても深く掘り下げて話していただいたので、とっても勉強いなりました。

もし、今、ホームセキュリティーの事で悩んでいる方は
まずは無料で資料請求した後で、実際に無料セキュリティアドバイスを
受けることを強くお薦めします。

防犯は画一的ではなく、それぞれの家によって防犯が違うので
それについて、セコムの方に直接話を聞けるのは大きなメリットです。

無料セキュリティアドバイスを受けたら、見積もりを必ずとらなくてはいけないということではないので、セコムに入る入らないは別にして気軽に相談してみるといいですよ。

⇒セコムの無料資料請求はこちら!

 

空き巣の被害にあってアルソックの無料セキュリティアドバイスを受けました!

実際に、空き巣の被害があってから、すぐに無料資料請求して
送られてきた資料やDVDを見て、一通りアルソックの防犯について分かりました。

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

でも、資料だけでは、実際に自分の家の場合には
どのような防犯システムにすればいいのか分かりません。

また、

アルソックに入る入らないは別にして、
今、現状でできる防犯対策や家の盲点などのアドバイスが欲しいので
電話して無料セキュリティアドバイスを申し込みました。

アルソックへの問い合わせはこちら!

電話で、簡単に被害の状況を説明して日程調整しました。

すぐに話を聞きたかったので、翌日にアポイントメントを入れることができました。

当日、アルソックの方が訪問していただいて
被害にあった場所や家の様子を一通り見てもらいました。

なお、アルソックの方に指摘していただいたことはこちらの記事にまとめています。

⇒アルソックの方に防犯対策についてアドバイスを聞いて分かったこと。

家の現状、防犯対策についてアドバイスを頂いて
それでは実際にアルソックを導入する場合についてお話を聞きました。

ホームセキュリティというと、すべてのドアや窓に開閉センサーをつけるものだと思っていましたが、アルソックの場合は、開閉センサーはとりつけないようです。

その代わりに無線式空間センサーというものを天井につけるようです。

開閉センサーをつけてもいいのですが、泥棒は窓を開閉せずに侵入するケースがあるので
空間センサーがいいとのことです。

この空間センサーは、熱を感知するセンサーです。
ですから、ペットなど室内で飼っている場合は、注意が必要とのことです。

また、

私の家のように2世帯の場合は、遠隔非常ボタンというものがあると便利なようです。

例えば、1階の親が留守で、2階に1人でいる時、
1階で物音があった場合は、この非常ボタンを押すことで
すぐにアルソックが駆けつけてくれるようです。

基本的なシステムは
コントローラーと無線式空間センサーだけ
あとは、オプションで遠隔非常ボタンを設置したり
玄関にアルソックライトを取り付けたり、
防犯カメラを取り付けたりとできるようです。

もし必要最低限のホームセキュリティをするのであれば
コントローラーと無線式空間センサーだけになります。

この空間センサーもいくつ取り付けるかで
価格も違ってくるようです。

今回は、お話を聞くだけにとどめておいて
検討して見積もりの必要があれば連絡する形で終了となりました。

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

空き巣の被害にあってからアルソックの無料資料請求をして届いた内容は?

前回の記事でアルソックの無料資料請求方法を紹介しました。

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

資料請求したのは月曜日で、
届いたのが水曜日

つまり、申し込んでから3日で届きました。

K0320831

同じ時にセコムにも無料資料請求しましたが
セコムは5日かかりましたので
アルソックが素早い対応で早かったです。

早速、届いた封筒を開封してみると
以下の内容のものが入っていました。

K0320834

アルソックの総合カタログ、構成機器一覧、
まもるっくのチラシ、アルソックの火災保険のパンフ、
みまもりサポートのパンフ、ホームセキュリティーBasicの紹介DVD

ビックリしたのは、DVDが同封されていたことです。

K0320838

K0320840

このDVDには、アルソックのホームセキュリティーの内容が
簡単に動画紹介されているのと、子供や一人暮らしご両親の様子が遠くからでも
確認できるまもるっくの紹介動画が収められています。

K0320841

約9分くらいの内容になっていて、
パンフレットを読むのが面倒な方はDVDを見るだけでも
アルソックの防犯設備について分かります。

アルソックの特徴はなんといっても、価格の安さ

工事費、設備費が0円から始められる
スタートプランは例えば月額約8000円から始められます。

K0320842

パンフレットに紹介されている金額は
プランの例の金額であって、その金額が実際の家の価格ではありません。

あくまでも参考の価格のようです。

パンフレットだけでは、大まかな概要はわかっても、
実際に自分の家ではどんなシステムが必要になるのかは分かりません。

そこで、

無料で見積もりやセキュリティアドバイスが聞けるようなので
早速電話して、お話を聞くことにしました。

その内容は次の記事で紹介します。

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

空き巣の被害にあってからアルソックの無料資料請求をしました!その方法とは?

私事で恐縮ですが、先日、泥棒に入られて被害を受けました。
月曜の午前中、買い物に出かけた隙を狙われました。

それまで、ホームセキュリティーなんて関係ないと思っていましたが、
いざ、泥棒に入られると、ホームセキュリティーの大切さを身にしみて感じました。

1度、泥棒に入られると、うかうかと安心して家で寝ることもできません。

また、泥棒が入ってくる恐れもあります。

そこで、早速私は、ホームセキュリティーで有名な
セコムとアルソックに資料請求しました。

警備会社には、他にもありますが、セコム、アルソックは
TVCMでおなじみで信頼性が高いと思ったからです。

今、すぐにでも家の安全を守ってほしいという気持ちですが、
まずは、セコム、アルソックどちらがいいのか資料請求してから
検討してみることにしました。

セコム、アルソックも資料請求は無料で、
手続きを実際に行いましたが、1分くらいで申し込みができました。

今回はアルソックの無料請求の方法について画像を使って紹介します。

まず、アルソックの資料請求はこちらをクリック!

⇒アルソック無料資料請求はこちら!

するとトップページの一番上に
「無料パンフレットのお申し込み」の
バナーボタンがあるのでそこをクリック!

アルソック1

そうすると、画面が切り替わり、
名前、住所、電話番号、メルアドなど
必要事項を入力してください。

アルソック2

すべての必要事項を入力したら
「入力内容を確認する」をクリック!

アルソック3

すると入力内容の確認画面が表示されるので、
間違いのないことを確認してください。

アルソック4

確認が済みましたら「送信する」をクリック!

アルソック5

すると資料請求の申し込み完了の画面に切り替わります。

アルソック6

また、すぐに登録したメルアドに資料請求の受付を
完了した内容が届いていると思います。

アルソック7

以上で無料資料請求は終了です。

私は沖縄に住んでいますが、申し込んでから
3日で届きました。

送信元は東京のアルソックからでした。

すぐに資料が届いたのにはビックリ!

もし、今、「私の家は大丈夫!」と油断していると
私のように突然の被害にあいかねません。

被害にあってから申し込むのでは遅すぎます。

だって、失った現金はもどってこないのですから。。。。

そう考えると、アルソックの重要性がわかります。

現在、ホームセキュリティーで考えている方の参考になれば嬉しいです。

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

⇒アルソック無料資料請求はこちら!

 

 

アルソックの方に防犯対策についてアドバイスを聞いて分かったこと。

空き巣の被害なんて家は関係ないと思っていて、
いざ、空き巣の被害にあうと防犯対策や
ホームセキュリティーについて知りたくなります。

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

私も被害者の一人。

ホームセキュリティーの事を
他人事のように考えていましたが、
真剣に考える毎日です。

ホームセキュリティーと言えば、
2大ブランド、セコム、アルソックが有名です。

早速、無料で資料請求して一通りパンフレットに目を通しましたが
細かな部分は分かりません。。。。

無料セキュリティアドバイスを受けられるということなので
早速、電話をして家に来ていただきました。

まず、家の外回りを見ていただいて
実際に泥棒が侵入した所を見ていただきました。

 

指摘① 植木が隠れミノになっている。

私の家は、庭があって、木が何本かあります。
木があると日陰になって、洗濯物を干すのに都合がいいのですが、
逆に泥棒にとっては好都合になってしまいました。

 

指摘② 柵を壊してまで入るケースは少ない

1階には、他にも窓が何か所かあり、柵を取り付けています。

特に家の裏側は人目に付きにくいので、泥棒は柵を壊して
侵入する恐れがあると思っていました。

そのことをアルソックの方に聞くと
「柵を壊してまでは泥棒は侵入しない」とのこと。

柵をこじ開けたり、切ったりして破壊して侵入するケースもあるようですが、
そんな面倒なことをあえて選ぶようなことはないようです。

もっと簡単に侵入できるところを探すようです。

柵を壊すとなると、大きな音が出て、すぐ隣の家にばれてしまいます。

もし仮に本当に柵を壊して侵入するなら、事前に下調べして
必要な工具を用意して覚悟を決めて侵入するようです。

パッと通りすがりでハンマー一つで侵入する場合は
面倒なことをしないようです。

 

指摘③ 泥棒は事前に下見をしている

私の家は何件も密集している住宅街の一つ。

なぜ私の家が???と思って聞いてみると、
泥棒は入念に下見をして入れる家に目をつけるようです。

通りすがりでは犯行には及ばないようです。

今回、私の家が狙われたのも、庭があって、木が何本かあり
死角になりやすい場所に大きな窓があったことです。

泥棒は下見を何回か行っていたうえでの犯行なので、
家のことは一通り熟知していることになります。

 

指摘④ アルソックのステッカーがあるだけでも防犯になる

あるこんな話をしてくれました。

「周りがホームセキュリティーに入っている家がある中で、1件だけ
ホームセキュリティーに入っていなかった家があったようです。
ホームセキュリティーに加入している家はステッカーを当然貼っていますが、
当然入っていない家はステッカーも貼っていません。
案の定、ホームセキュリティーに入っていない家にだけ泥棒が入ったようです。」

まあ、当然と言えば当然ですが、ステッカーが防犯の代わりになるようですが
このステッカーは非売品です。

ホームセキュリティーが100%の防犯ではないとは言われてますが、
アルソックの方に聞くと、これまでアルソックに加入していたお客さんで
泥棒に侵入されたケースを聞いたことがないとのこと。

これは、本当なのか?自分の担当しているお客さんだけに限った事なのか?
定かではないですが。。。。。

アルソックにしても、セコムにしても、セキュリティー会社であって
犯人を捕まえることはできません。

アルソックの方が言っていたことは、

「如何に泥棒の侵入を防ぎ、もし入られたとしても
被害を少なくして、 いち早く出てってもらう」

ことが重要のようです。

家の防犯について色々とお話を直接聞けたことはとっても勉強になりました。

また、話を聞いたから必ず見積もりを取らなければいけないのかと思いがちですが、
見積もりは取らなくてもいいようです。

アルソックに入る入らないは別として、直接話を聞けたことが
今後の防犯対策につながりました。

もし今ホームセキュリティーが考えている方は
無料で資料もお取り寄せできますし、無料でセキュリティーの相談にものってくれますよ。

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

⇒アルソックの無料資料請求はこちら!

 

 

 

 

 

 

 

セコムとアルソックの特徴とは?大きな違いは何か?

ホームセキュリティで有名なセコムとアルソック

先日私の家に空き巣に入られて、
ホームセキュリティの重要性を身にしみて感じました。

ホームセキュリティをする場合、セコムとアルソックの名前が浮かびましたが
どのように違いがあるのか分かりませんでした。

早速、調べていくうちにセコムとアルソックの違いが分かったので
特徴や違いを簡単に紹介します。

 

セコムの特徴

セコムと言えば、あの長島監督のCM
「セコムしてますか?」で有名ですね。

セコムは日本初のホームセキュリティ会社なので
シェアもNo.1です。

緊急発信拠点は全国に約2,800ヶ所以上もあり、
異常事態発生や万が一の場合でも24時間365日、
すばやく対応してくれます。

緊急発信拠点が多いメリットとして
非常通報から現場到着時間までが短いというのがポイントです。

さらに、

家庭の防犯対策以外にも、セコムホームコントローラーを通して、
家族や友人の電話番号、保険証や運転免許証の身分証明書、
薬情報などの個人情報をセコムの「セキュアデータセンター」で厳重に保管してくれます。
そのため、万が一、地震や火事などの災害に遭遇した場合でも
セコムに情報を預けているので大切なデータを失わずに済むメリットがあります。

またセコムには「補償制度」があるのも重要なポイント!

この補償制度はもし、災害や盗難にあった場合に
損害額に応じて保険金や見舞金が支払われる制度になっています。

ホームセキュリティのシステムやサービス内容が充実している分
価格が高いのがデメリットです。

 

アルソックの特徴

アルソックはセコムに次ぐ業界No.2のシェアです。

アルソックの一番の特徴は価格の安さです。

「リーズナブルな料金で利用できる」と口コミでも評判です。

待機所は全国に2,100ヶ所以上あり、セコムと同じくらい拠点を持っています。
アルソックはユーザー目線のサービス内容があり、
スマホ、携帯電話、PCを使ってセキュリティの解除・セット、
窓開閉の確認が行えるなどのシステムがあります。
また、価格設定も各家庭の状況に合わせたプランになっていてます。

工事費やセキュリティ機器など初期費用が0円から初められる
ゼロスタートプランは、比較的リーズナブルな価格で始められます。

 

以上、

簡単にセコムとアルソックの特徴や違いを紹介しました。

まとめると、

補償制度があるシステム重視のセコム
価格重視のアルソック

ということになると思います。

私も被害にあったとき、建物の破損したところの修理費や
盗まれた現金のことを考えると、単なる価格だけでなく
補償制度があるセコムの方が安心かなと思いました。

失ったものは現金だけでなく、普段の平穏な日常生活や
安心感といったものまでもが一瞬にして崩れてしまいました。。。。。

これは私の意見だけなので、それぞれの家の大きさや部屋の間取り、
予算など人によって違うので、まずはセコム、アルソックの資料請求をしてみて
自分の目でたしかめたほうがいいですよ。

⇒セコムの無料資料請求はこちら!

⇒アルソックの無料資料請求はこちら!