セコムとアルソックの違いは?何がどう違うのか簡単にまとめてみました。

空き巣被害にあってから、セコムとアルソックの重要性に気がつき
早速資料請求しました。

資料が来るまで、セコムとアルソックがどのように違うのか気になり
色々と調べてみました。

すると、いくつか分かりました。

主な違いは2つあります。

その違いについて紹介します。

1、 価格

ホームセキュリティーと言えば、「高い」というイメージがありますが、
今では1万円以下の料金プランもあります。

セコムとアルソックと価格を比較してみると、
断然アルソックが安いです。
アルソックのプランでゼロスタートプランは
工事費、機器費が0円で月額7,760円です。

セコムの場合は、工事費、システム料金が発生してしまいます。

ちなみに、1年間使用した場合の料金ですが、
アルソックゼロスタートプランなら約10万
セコムのレンタルプランでは約15万になり、
セコムの方がアルソックに比べて1.5倍高くなります。

この価格はあくまで参考の目安であって
部屋の数やセキュリティ機器の設置する場所の数によっても
価格に違いがあるようですので、気になる方は
セコム、アルソックに見積もりをしてもらうとより比較できますね。

2、 保証

セコムにはアルソックにはない補償制度があるようです。
この補償制度があるため、アルソックよりも価格が高くなっています。
セコムに加入していて、もし現金や貴金属、家財道具が盗難にあった場合は
合計で250万円の保険金がおります。
さらに、災害や泥棒の侵入で建物が壊された場合は、損害額に応じて
最大100万円の見舞金が支払われます。

アルソックは料金は安いですが、空き巣の被害にあった場合の事を考えると
補償制度があるセコムの方がいいと思います。

以上、

セコムとアルソックの簡単な違いを紹介しました。

まとめると、

安さで選ぶならアルソック
補償が付いてシステム重視のセコム

ということになりそうです。

どちらにしようか迷ったら
まずは資料請求して自分で確かめてくださいね!

⇒セコムの無料資料請求はこちら!

⇒アルソックの無料資料請求はこちら!

 

 

 

 

 

 

【実録】私が空き巣の被害にあってセコムとアルソックのありがたみが分かった!

私事で恐縮ですが、先日、泥棒に入られて被害を受けました。
月曜の午前中、買い物に出かけた隙を狙われました。
私の家は2世帯住宅で、1階が両親、2階が私たちが生活しています。

泥棒は、1階の台所の窓を破って侵入し、2階から出て行ったと思われます。

両親の部屋で、引き出しに入れていた現金がまるまるなくなっていました。
(とられた額は大きいです。。。。)

2階は、子供部屋や箪笥が物色されました。

通帳やカード、保険証が置いていましたが、盗まれてはいませんでした。

泥棒は現金がほしかったようです。

私は、会社で仕事中で、妻から昼休みに突然連絡があり
衝撃を受けました。

それまで、ホームセキュリティーなんて関係ないと思っていましたが、
いざ、泥棒に入られると、ホームセキュリティーの大切さを身にしみて感じました。

1度、泥棒に入られると、うかうかと安心して家で寝ることもできません。

また、泥棒が入ってくる恐れもあります。

そこで、早速私は、ホームセキュリティーで有名な
セコムとアルソックに資料請求しました。

警備会社には、他にもありますが、セコム、アルソックは
TVCMでおなじみで信頼性が高いと思ったからです。

今、すぐにでも家の安全を守ってほしいという気持ちですが、
まずは、セコム、アルソックどちらがいいのか資料請求してから
検討してみることにしました。

セコム、アルソックも資料請求は無料で、
手続きを実際に行いましたが、1分くらいで申し込みができました。

もし、今、「私の家は大丈夫!」と油断していると
私のように突然の被害にあいかねません。

被害にあってから申し込むの遅すぎます。

だって、失った現金はもどってこないのですから。。。。

そう考えると、セコム、アルソックの重要性がわかります。

⇒セコムの無料資料請求はこちら!

⇒アルソックの無料資料請求はこちら!