二日酔いの辛い吐き気にお勧めの漢方はこちら!

二日酔いの症状に人によって様々ですが
吐き気、胃のむかつき、胃痛などの症状が出やすいタイプには
こちらの漢方がお薦めです!

その漢方が・・・・

半夏瀉心湯です。

できれば、半夏瀉心湯だけでなく
五苓散と併用して服用した方がいいです。

お酒を飲むと吐き気に悩まされる方の飲み方として、
お酒を飲む前に、半夏瀉心湯と五苓散を服用して、
さらに寝る前にも飲んでおいた方が予防になります。

ただし、

半夏瀉心湯と五苓散を事前に服用するとお酒がいつもより飲めますが
だからと言って、飲みすぎると二日酔いになりますので
くれぐれも飲みすぎには注意してくださいね!

今日紹介した半夏瀉心湯と五苓散はドラックストアで購入できますが
通販でも購入できますよ!

⇒半夏瀉心湯を楽天でチェック!

⇒五苓散を楽天でチェック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二日酔いに効く漢方ドリンクとは?

お酒は好きだけれども、二日酔いが怖い。。。

という方は多いと思います。

二日酔いを気にせずお酒を飲みたい方にお勧めの漢方薬があります。

二日酔いのための漢方薬は何種類かありますが、
まずみなさんに知ってほしい漢方薬が・・・・

黄連解毒湯と五苓散

黄連解毒湯だけ、五苓散だけでもいいのですが、
この2つを組み合わせたほうがいいです。

飲み方ですが、まずお酒を飲む1時間前に服用して、
飲み終わった後寝る前にもう一度服用するといいです。

次の日、体がだるく、重い場合は、また服用してください。

お酒を飲むと体が浮腫みやすくなります。
その浮腫みが頭痛、吐き気、体のだるさを引き起こします。

漢方薬を服用して尿が出れば症状は改善傾向にあります。

ぜひお酒を飲む機会があれば試してみてください。

ただし、

誤解しないでほしいのですが、今回紹介する漢方を服用したからといって
二日酔いは全くないわけではありません。
漢方を服用するといつもよりお酒が飲めるようになりますが、
量を超えると二日酔いになるのでほどほどにしておいてくださいね。

今回、紹介した漢方薬は大正製薬から大正漢方胃腸薬という名前で
ドリンク剤として販売しています。

大正漢方胃腸薬は二日酔いに効く漢方ドリンクとして
ドラックストアで購入できますが、通販でも購入できますよ。

⇒大正漢方胃腸薬を楽天でチェック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒で酔わない漢方って何?

お酒で酔わない漢方って何?

お酒好きの方は、

「お酒を飲んでも酔わない方法があればいいな?」

と思ったことがあると思います。

お酒を飲んでも酔わないというのは間違いで
悪酔い、二日酔いがなく飲めるのが理想です。

おいしくお酒を飲むためのサプリメントが色々紹介されていますが、
私のお勧めは漢方薬です。

二日酔いを防ぐ漢方もいくつかありますが、
その中で、まず知ってほしいお酒で酔わない漢方が・・・・

黄連解毒湯と五苓散

黄連解毒湯だけ、五苓散だけでもいいのですが、
この2つを組み合わせたほうがいいです。

飲み方ですが、まずお酒を飲む1時間前に服用して、
飲み終わった後寝る前にもう一度服用するといいです。

次の日、体がだるく、重い場合は、また服用してください。

お酒を飲むと体が浮腫みやすくなります。
その浮腫みが頭痛、吐き気、体のだるさを引き起こします。

漢方薬を服用して尿が出れば症状は改善傾向にあります。

ぜひお酒を飲む機会があれば試してみてください。

ただし、

誤解しないでほしいのですが、今回紹介する漢方を服用したからといって
二日酔いは全くないわけではありません。
漢方を服用するといつもよりお酒が飲めるようになりますが、
量を超えると二日酔いになるのでほどほどにしておいてくださいね。

今回、紹介した漢方薬は大正製薬から大正漢方胃腸薬という名前で
ドリンク剤として販売しています。

ドラックストアで購入できますが、通販でも購入できますよ。

⇒大正漢方胃腸薬を楽天でチェック!

 

 

 

 

 

 

 

 

二日酔いを予防する漢方 黄連解毒湯と五苓散がお勧め!

忘年会やお正月、新年会の季節はお酒を飲む機会が多いですね!

お酒を飲むのは楽しいですが、怖いのが二日酔い
せっかくの席で二日酔いを気にして飲むのもさみしいものです。

どうせ飲むなら楽しく飲みたいものですね!

そこで、

二日酔いを防ぐお薦めの漢方薬があります!

二日酔いを防いでおいしく飲める漢方はいくつかありますが、
その中で、まずみなさんに知ってほしい漢方薬が・・・・

黄連解毒湯と五苓散

黄連解毒湯だけ、五苓散だけでもいいのですが、
この2つを組み合わせたほうがいいです。

飲み方ですが、まずお酒を飲む1時間前に服用して、
飲み終わった後寝る前にもう一度服用するといいです。

次の日、体がだるく、重い場合は、また服用してください。

お酒を飲むと体が浮腫みやすくなります。
その浮腫みが頭痛、吐き気、体のだるさを引き起こします。

漢方薬が効いているかどうかの目安は、
漢方を服用して尿が出れば症状は改善傾向にあります。

ぜひお酒を飲む機会があれば試してみてください。

ただし、

誤解しないでほしいのですが、今回紹介する漢方を服用したからといって
二日酔いは全くないわけではありません。
漢方を服用するといつもよりお酒が飲めるようになりますが、
量を超えると二日酔いになるのでほどほどにしておいてくださいね。

今回、紹介した漢方薬は大正製薬から大正漢方胃腸薬という名前でドリンク剤として販売しています。
ドラックストアで購入できますが、通販でも購入できますよ。

⇒大正漢方胃腸薬を楽天でチェック!