Oライン脱毛はセンスエピXでできるのか検証!

オールマイティな家庭用脱毛器として人気のセンスエピX

自宅で簡単にエステ並みに脱毛できるので、
特に人に見られたくないVIOラインは自分で脱毛したいですよね?

センスエピXは全身脱毛から部分脱毛まで、色々な部分を脱毛できますが、
実際にセンスエピXでOライン脱毛ができるのでしょうか?

調べてみると、センスエピXの下記の部分は脱毛できないことになっています。


・甲状腺ホルモンの問題を引き起こす恐れのある首への照射。
・整形手術をした部位。
・ニキビや吹き出物で炎症を起こしている部位。
・かゆみやほてりや物理的刺激などによるシミのある部位、傷口。
・ケミカルピーリング、レーザーピーリング等の施術を受けた直後の部位。
・タトゥー(刺青)とその周辺。タトゥーを施した部位は光を吸収しすぎるため火傷や水ぶくれを引き起こす恐れがあります。
・耳や乳頭、乳輪(乳頭近くの暗褐色部)、陰茎、陰嚢(男性生殖器)、大陰唇、小陰唇(女性生殖器)、肛門には本製品を使用しないでください。


以上の部位は他の部位と比べて肌の色が暗くなっています。

つまり、

センスエピXは黒い部分に光が反応するため
肌の色が黒い部分へ照射すると火傷や水ぶくれなどを
引き起こす恐れがあります。

特に、VIOラインの脱毛を考えている方は
IOラインは粘膜に近いので脱毛は控えた方がいいです。

もし、IOラインの脱毛を行う場合は
自己責任で行って下さいね。

詳細はセンスエピXの公式サイトで確認してくださいね!
↓↓↓
⇒センスエピX公式サイトはこちら!

 

<関連記事>

気になるムダ毛の処理と脱毛方法のすべて!

センスエピの脱毛効果を口コミから検証!

 

 

センスエピXとケノンの脱毛器比較

センスエピXとケノンという2種類の家庭用脱毛器を比較してみます。

まずケノンの特徴について簡単に紹介します。



ケノンはエムテックという企業の製品です。
2012年3月に発売されたケノンはメーカー希望小売価格98,000円ですが
キャンペーン期間中は69,990円で購入できます。

カートリッジを交換することによって
美顔器として使うこともできます。

ケノンの脱毛方法はフラッシュ脱毛です。
ケノンに使われているライトは特殊キセノンランプと呼ばれるものです。

ケノンの最新版エクストララージの場合、
照射範囲は3.7㎝×2.5㎝となっています。

シングルショット、トリプルショット、そして
6連射のセクスタプルショットという
3つのショットモードを選んで照射します。

照射の際にジェルなどを肌に塗っておく必要はありません。

⇒脱毛器ケノンをもっと詳しく見てみる!

次に、

もうひとつの家庭用脱毛器センスエピXの特徴を紹介します。

センスエピXはカートリッジ交換不要で、
ホーム・パルス・ライトという光で脱毛します。
センスエピの照射範囲は0.9cm×3cmです。

センスエピXの通常価格は29,800円です.

照射の際にジェルが必要ないのはケノンと同じです。

こうしてみると家庭用脱毛器にどんな機能を求めるかによって
購入するべき家庭用脱毛器が絞り込めるのではないでしょうか。

まとめてみると・・・

脱毛器としてだけでなく美顔器としても活用していきたい
という方はケノンのほうが向いているでしょう。

でも

脱毛効果をしっかり実感できることを最優先に考えたい、
という方は脱毛効果もあり、購入しやすい価格設定の
センスエピXを選ぶといいと思います。

⇒センスエピXの脱毛について詳しく見てみる!

⇒ケノンの脱毛について詳しく見てみる!

 

 

センスエピXとトリアの脱毛器比較

センスエピXと同じく家庭用脱毛器である
トリアパーソナルレーザー脱毛器とを比較してみます。

まず脱毛器トリアについて簡単に紹介しておきます。



トリアはアメリカFDA「アメリカ食品医薬品局」と
言われる機関の認可を受けているパーソナルレーザー脱毛器です。

トリアはクリニックで使われている
ダイオードレーザー技術を開発した
レーザー専門家の手による脱毛器です。

いつでも自宅で手軽にレーザーを使って
ムダ毛の処理をすることができます。

他の脱毛器と同様、トリアも1回の施術だけで
満足できる脱毛効果はありません。

定期的にトリアを使ってムダ毛処理を続けていれば、
だいたい3カ月を目安にツルツルスベスベの
ムダ毛がない肌を手に入れることも可能です。

トリアの1ショット当たり照射面積は1平方センチメートル。

全身脱毛のように広い範囲を脱毛したい場合は
何回もショットを繰り返さなくてはならず効率が悪いのですが、

ワキのような狭い範囲を脱毛したいのなら
特に問題なく使用できる照射範囲と言ってよいでしょう。

トリアの通常価格は54,800円です。
(キャンペーン期間の場合39,800円で購入できます)

⇒トリア・パーソナルレーザー4Xをもっと見てみる!

それではセンスエピXとトリアの比較です。

センスエピの価格は通常29,800円なので
価格で比較するとトリアより低価格で購入できますね。

キャンペーンを利用すればもっと安く購入できることもあります。

使用するのはホーム・パルス・ライトで
照射範囲は0.9cm×3cmです。

1回のショットで照射できる範囲は
センスエピXのほうが広いので
全身脱毛や広範囲の脱毛をしたい方なら
面倒がなくて効率的に照射できますね。

レーザー脱毛だと痛みの問題がありますが、
センスエピXのような光脱毛の場合は、
痛みが少なく脱毛できると口コミでも評判です。

それぞれの特徴を比較して自分に合った製品を選んでください。

⇒センスエピXはこちら!

⇒トリア・パーソナルレーザー4Xはこちら!

 

 

顔脱毛にセンスエピXは使える?

センスエピXは脇、足、腕の脱毛以外にも
顔の脱毛にも使えます。

ただし!

注意事項があります。

センスエピを顔の脱毛に使えますが
鼻から上の範囲を脱毛しようとするときには使えません。

何故かといいますと、

センスエピの脱毛に使われているホーム・パルス・ライトは
とてもまぶしい光なので目へのダメージが心配されるからです。

顔の中で鼻から上の箇所にホーム・パルス・ライトを
照射すると多かれ少なかれ目に影響が出るのが心配です。

もちろんホーム・パルス・ライトを直接見ることは厳禁です。

なので、

センスエピを使って顔の脱毛をするときは
ホーム・パルス・ライトの照射範囲のことを
考えておかなくてはなりません。

また、

ホーム・パルス・ライトは黒い色に反応する性質があるので
髪の毛は顔にかからないようにまとめたりヘアピンや
ヘアバンドなどでしっかり髪の毛を固定しておくのも重要です。

その他、

顔脱毛で注意することは口の周りの脱毛の場合です。

唇は色素を含んでいるので
ホーム・パルス・ライトが反応してしまいます。

また、唇は粘膜なのでホーム・パルス・ライトが
当たらないようにしなくてはなりません。

そのため、口の周りのムダ毛を脱毛する場合は
唇にホーム・パルス・ライトが当たらないように
唇を内側に巻き込むようにしてしっかり口を閉じて脱毛してくださいね!

安全に顔の脱毛ができるよう、
十分注意してセンスエピXを使ってくださいね!

⇒センスエピXの脱毛についてもっと見てみる!

 

 

脱毛器センスエピXの脱毛効果を検証!

センスエピXの脱毛効果は最新の光技術によるものです。

センスエピXの脱毛効果をあげているのがホーム・パルス・ライトです。

従来のフラッシュ脱毛器のような熱の与え方とは違っていて
ホーム・パルス・ライトは照射するときに音響を発します。

この音響を発するときに振動を起こすのですが、
この振動を利用して効率よくムダ毛に熱を伝えて
脱毛効果を引き出します。

脱毛をするときに心配なのが肌のダメージです。

センスエピから照射される光は黒い色だけに反応します。

だから普通の肌の色には反応しないので
肌への負担が最小限で済むのです。

センスエピは処理したいムダ毛だけに作用して脱毛効果を出す性質があります。

センスエピは肌の表面から出ているムダ毛にしか作用しないので
まだ皮膚の下にあるムダ毛を成長させなくするといった効果はありません。

センスエピの脱毛効果を上げるためには
毛周期に合わせてセンスエピで光照射する必要があります。

毛周期とは成長期→退行期→休止期というサイクルを繰り返しているのですが
センスエピXの脱毛効果が出るのは成長期の毛です。

同じ範囲に光を照射しても成長期のムダ毛に脱毛効果がありますが
退行期のムダ毛には脱毛効果がないということになります。


だから成長期を考えて光照射を繰り返す必要があるわけなのです。

このようにセンスエピXで脱毛効果を上げるには
毛周期のことも考える必要があります。

⇒センスエピXの脱毛効果をもっと見てみる!

 

 

ホーム・パルス・ライトで脱毛するセンスエピXの評価とは?

センスエピXは独自のホーム・パルス・ライト
利用して脱毛できる家庭用脱毛器です。


ホーム・パルス・ライト
とはイスラエルで開発された光技術で、
光の照射によって熱と音響で脱毛します。

音の振動も利用して効率よく熱がムダ毛に届くので
気になる肌へのダメージも心配ありません。

センスエピXは0.9cm×3cmの小さい照射面積なので
コレ一台で顔から指まで脱毛できます。

また、

センスエピXになり照射スピードが大幅にアップしています!

レベル5の照射で充電は~1.5秒に短縮されているので
広い範囲での脱毛でもイライラせず楽に脱毛できます。

なんと言っても、

センスエピXの最大の特徴が30万発照射搭載

価格にすると1円6発、1発たったの0.2円で脱毛できます。

コスパにすぐれ、全身脱毛から部分脱毛までできるので
センスエピXが口コミでも評価されているのも納得できますね!

⇒センスエピXの口コミを見てみる!

 

 

脱毛器センスエピXの特徴って?

センスエピXの特徴のひとつが
全世界35か国で350,000台を突破する
売り上げを上げていることです。

About.comのリーダーズ・チョイス・アワード最優秀家庭用レーザー脱毛器受賞
という実績もあるので、世界中から認められている家庭用脱毛器なんです。

日本国内の雑誌、メディアで取り上げられることが多い
という特徴を持つセンスエピX。

ViVi、anan、FRAUなど人気の主要雑誌に
掲載されることがめずらしくありません。

脱毛方法を考えるとき、気になるのがコスパですね。

センスエピXはカートリッジ交換不要で、
ジェルやクリームも不要です。

さらに、

これまでのセンスエピGに比べセンスエピXは
30万発の照射可能ランプが搭載され、
1発あたりの照射コストが従来のセンスエピGの
2/5になっています。

価格にすると1円6発で、1発たったの0.2円になりますよ。

センスエピXはレベル1~5のどのレベルにおいても
同じスピードでの照射が可能です。

従来のセンスエピGもレベル1では照射間が1秒と早いですが
レベルが上がるにつれてその照射間がひらいてしまいました。

しかし、

センスエピXは、よりスピーディに照射できるようになり、
レベル1~5まで同じスピードでの照射が可能となっています。

1回の脱毛時間はワキわずか1分、両足も約7~8分で完了、
あっという間に全身のお手入れが終了し忙しい方にとって便利です!

エステや脱毛サロンで全身脱毛となると
何十万という料金がかかってきます。

費用の面で全身脱毛をあきらめてしまっている方も少なくないでしょう。

でも、

センスエピXはコスパの良さが特徴なので
本当に安い値段で気になる部分の脱毛ができてしまうのです。

センスエピXの口コミを見てもコスパの良さは
評価されていることがわかります。

他にセンスエピXの特徴は0.9cm×3cmの小照射面積です。

照射が小さいという事は、
今まで照射しにくかった口まわりの産毛や
指などの部位も簡単にムダなく脱毛できます。

という事は、

センスエピX1台で全身脱毛から部分脱毛まで
オールマイティーに脱毛できますね。

サロンを予約をしたり何度も通う煩わしさもなく、
好きな時間に好きな場所で使えて、自分のペースで
脱毛が出来るのがうれしいですね!

⇒1年間無料保証付き!センスエピXはこちら!

 

 

センスエピXとケノンの脱毛器比較

センスエピXとケノンという2種類の家庭用脱毛器を比較してみます。

まずケノンの特徴について簡単に紹介します。



ケノンはエムテックという企業の製品です。
2012年3月に発売されたケノンはメーカー希望小売価格98,000円ですが
キャンペーン期間中は69,990円で購入できます。

カートリッジを交換することによって
美顔器として使うこともできます。

ケノンの脱毛方法はフラッシュ脱毛です。
ケノンに使われているライトは特殊キセノンランプと呼ばれるものです。

ケノンの最新版エクストララージの場合、
照射範囲は3.7㎝×2.5㎝となっています。

シングルショット、トリプルショット、そして
6連射のセクスタプルショットという
3つのショットモードを選んで照射します。

照射の際にジェルなどを肌に塗っておく必要はありません。

⇒脱毛器ケノンをもっと詳しく見てみる!

次に、

もうひとつの家庭用脱毛器センスエピXの特徴を紹介します。

センスエピXはカートリッジ交換不要で、
ホーム・パルス・ライトという光で脱毛します。
センスエピの照射範囲は0.9cm×3cmです。

センスエピXの通常価格は29,800円です.

照射の際にジェルが必要ないのはケノンと同じです。

こうしてみると家庭用脱毛器にどんな機能を求めるかによって
購入するべき家庭用脱毛器が絞り込めるのではないでしょうか。

まとめてみると・・・

脱毛器としてだけでなく美顔器としても活用していきたい
という方はケノンのほうが向いているでしょう。

でも

脱毛効果をしっかり実感できることを最優先に考えたい、
という方は脱毛効果もあり、購入しやすい価格設定の
センスエピXを選ぶといいと思います。

⇒センスエピXの脱毛について詳しく見てみる!

⇒脱毛器ケノンをもっと詳しく見てみる!

 

 

センスエピXとトリアの脱毛器比較

センスエピXと同じく家庭用脱毛器である
トリアパーソナルレーザー脱毛器とを比較してみます。

まず脱毛器トリアについて簡単に紹介しておきます。



トリアはアメリカFDA「アメリカ食品医薬品局」と
言われる機関の認可を受けているパーソナルレーザー脱毛器です。

トリアはクリニックで使われている
ダイオードレーザー技術を開発した
レーザー専門家の手による脱毛器です。

いつでも自宅で手軽にレーザーを使って
ムダ毛の処理をすることができます。

他の脱毛器と同様、トリアも1回の施術だけで
満足できる脱毛効果はありません。

定期的にトリアを使ってムダ毛処理を続けていれば、
だいたい3カ月を目安にツルツルスベスベの
ムダ毛がない肌を手に入れることも可能です。

トリアの1ショット当たり照射面積は1平方センチメートル。

全身脱毛のように広い範囲を脱毛したい場合は
何回もショットを繰り返さなくてはならず効率が悪いのですが、

ワキのような狭い範囲を脱毛したいのなら
特に問題なく使用できる照射範囲と言ってよいでしょう。

トリアの通常価格は54,800円です。
(キャンペーン期間の場合39,800円で購入できます)

⇒トリア・パーソナルレーザー4Xをもっと見てみる!

それではセンスエピXとトリアの比較です。

センスエピの価格は通常29,800円なので
価格で比較するとトリアより低価格で購入できますね。

キャンペーンを利用すればもっと安く購入できることもあります。

使用するのはホーム・パルス・ライトで
照射範囲は0.9cm×3cmです。

1回のショットで照射できる範囲は
センスエピXのほうが広いので
全身脱毛や広範囲の脱毛をしたい方なら
面倒がなくて効率的に照射できますね。

レーザー脱毛だと痛みの問題がありますが、
センスエピXのような光脱毛の場合は、
痛みが少なく脱毛できると口コミでも評判です。

それぞれの特徴を比較して自分に合った製品を選んでください。

⇒センスエピXはこちら!

⇒トリア・パーソナルレーザー4Xはこちら!