空き巣の被害にあってセコムの無料セキュリティアドバイスを受けました!

実際に、空き巣の被害があってから、すぐに無料資料請求して
送られてきたカタログや暮らしの安全読本を読んで、一通り
セコムの防犯について分かりました。

セコムホームセキュリティ

でも、資料だけでは、実際に自分の家の場合には
どのような防犯システムにすればいいのか分かりません。

また、

セコムに入る入らないは別にして、
今、現状でできる防犯対策や家の盲点などのアドバイスが欲しいので
電話して無料セキュリティアドバイスを申し込みました。

⇒セコムへの問い合わせはこちら!

電話で、簡単に被害の状況を説明して日程調整しました。

すぐに話を聞きたかったので、明後日にアポイントメントを入れることができました。

実は、アルソックの次の日にセコムの訪問で調整できたので
アルソックとセコムの違いがよくわかりました。

事前にアルソックの方の意見を聞いてい入るので
比較できるので、話は聞きやすいです。

話を聞いていると、アルソックとセコムで意見が食い違うことがありました。

違い1 窓につけている面格子は役に立たない

家の窓には面格子をつけています。
アルソックの方は、面格子をはずには、手間と時間、大きな音が発生するので
そこまでリスクを犯してまでは侵入せず、むしろ簡単な所を選んで侵入するという見解でした。
しかし、セコムの方は、私の家につけている面格子(上の写真)は、強く引っ張れば
簡単に外れるとのこと。つまり、入ろうと思えば柵を外して侵入は可能のようです。

違い2、ホームセキュリティのシステムについて

アルソックの方の話しでは、主に無線式空間センサーによって防犯対策する話でした。
窓につける開閉センサーは、取り付けないようなことを話していました。

ガラスを割って侵入する場合もあるので、その時は開閉センサーをつけても意味がないとのことでした。

これに対して、セコムの方は、全ての窓には開閉センサーをつけると言っていました。
もちろん、空間センサーも取り付けます。
一般家庭のセキュリティは、外出中の防犯と在宅中の防犯の2種類あるようです。
外出中の防犯には開閉センサーと空間センサーを使います。
在宅中の防犯は開閉センサーだけでセキュリティを行います。

お店や事務所の場合は、お店や事務所を閉めるときにセキュリティを作動させてます。
つまり、店や事務所には人がいない状態でセキュリティシステムを作動させます。
しかし、家のセキュリティの場合は、家を留守にしている時だけでなく、在宅中の時も
セキュリティが必要になります。
在宅中の場合は、空間センサーは使えないので、開閉センサーで泥棒の侵入を防ぎます。

もし、在宅中でお風呂に入って換気する場合に窓を開ける必要がある場合は、その窓だけロックを解除することもできるようです。

このようなセコムの方の話を聞いて、アルソックには在宅中のセキュリティはないのか?
と思い調べてみましたら、アルソックにも同じように在宅中のセキュリティがありました。

営業の方の説明不足だったようです。

私の見解ですが、アルソックの場合は、価格の安さを売りにしているので、
あえて費用を抑えるために開閉センサーはいらないといったかもしれません。

他のシステムについても気になったので、違いがあるのかどうか
もう一度パンフレットを照らし合わせて見てみましたが、システムはほとんど同じでした。

オプションの機能も同じ内容のものでした。

アルソックの方は、アルソックライトという玄関にとりつけるライトも
必要なければつけなくても大丈夫のような見解でした。

しかし、セコムの方の話を聞くと玄関にはライトを取り付けたほうがいいようです。

なぜなら、このライトは泥棒との鉢合わせを避けることができるからです。

もし留守にしていて、このライトが点灯していた場合は、
中に泥棒が侵入しているサインです。
つまり、すぐに家から非難した方がいいサインだからです。

一番怖いのは泥棒と鉢合わせになることだそうです。

鉢合わせになった場合、泥棒は抵抗します。
その場合、刃物を携帯している可能性があるので
ケガをする危険性があるからです。

家の財産も大事ですが、自分や家族の身の危険を未然に防ぐ意味も
ホームセキュリティの役割のようです。

今回、セコムの方の無料相談を受けて感じたことは、
事前にアルソックの話を聞いているので比較対象ができて
話が聞きやすかったということです。

もし、これからホームセキュリティについて検討するのであれば、
セコム、アルソック両方の意見を聞くとより分かりやすいです。

100%完璧な防犯はありませんが、工夫次第では、
被害のリスクを低くすることは可能です。

セコムやアルソックに入るのが全てでなく、防犯ガラス、防犯フィルム、監視カメラ、赤外線装置など、自分でもできる防犯があります。

でも、すべてを1人でやるには限界があるので、都合がつけばセコムやアルソックなどの
ホームセキュリティのプロにお任せする方法が安心、安全だと思いました。

セコムホームセキュリティ

 

 

 

 

 

 

 

 

セコムの無料相談を受けて分かったアルソックの違い!

セコムホームセキュリティ 資料請求

前回の記事で、セコムの方に教えていただいた防犯についてQ&A形式で紹介しました。

アルソックとセコムの両方のホームセキュリティのシステムについて
色々と話を聞いて共通している所、違うところが分かったので簡単にまとめてみました。

基本的にアルソックもセコムもシステム自体は同じです。

共通している所

  1. 外出時の場合と在宅時の場合の両方の防犯システム
  2. 防犯、火災、非常サービス
  3. オプションとして、ガス漏れ、救急通報、ライフ監視サービス

違う所

補償制度

アルソック

災害見舞金制度:火災や家の破壊爆破、盗難による被害が発生した場合は見舞金として一律10万円が支払われる

セコム

盗難保険と建物損害修復費用見舞金がある

盗難保険(免責金額:1事故につき5000円)
現金・貴金属・美術品の場合 保険金額50万円
家財 保険金額200万円

建物損害修復費用見舞金
損害額が10万円以上100万未満 見舞金:損害額の範囲内でかつ10万円単位の金額
損害額が100万円以上 見舞金:100万円

料金設定

アルソックは工事費、機器費が0円で始められるスタープランがある
セコムは工事料と保証金が必要になる。ただし、この保証金はあとで返金になるのですが、
機器を取り外す時にかかる工賃がこの保証金で賄われるようです。

緊急発進拠点

セコム   全国約 2,830 ヵ所
アルソック 全国約 2,400 ヵ所

 

セコムとアルソックについて共通点と相違点をまとめました。

基本的にはホームセキュリティシステムは同じようですが、
料金設定や補償制度に違いがありました。

 綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

さらに、

緊急発進拠点の数がセコムが上回っているので
すぐ現場に駆けつけるスピードにも違いがあります。

沖縄県の場合では現場到着まで平均10.5分と数値が出ています。
警察は約7分のようです。

空き巣が入った場合に、被害を最小限に食い止めるためには、
やはり素早い対応が重要だと思います。

そのためには、多少価格の面ではセコムが高くても実績や信頼性、機動性で考えれば、
セコムの方がいいと思いました。

⇒セコムの無料資料請求はこちら!

⇒アルソックの無料資料請求はこちら!

 

 

 

 

セコムとアルソックの特徴とは?大きな違いは何か?

ホームセキュリティで有名なセコムとアルソック

先日私の家に空き巣に入られて、
ホームセキュリティの重要性を身にしみて感じました。

ホームセキュリティをする場合、セコムとアルソックの名前が浮かびましたが
どのように違いがあるのか分かりませんでした。

早速、調べていくうちにセコムとアルソックの違いが分かったので
特徴や違いを簡単に紹介します。

 

セコムの特徴

セコムと言えば、あの長島監督のCM
「セコムしてますか?」で有名ですね。

セコムは日本初のホームセキュリティ会社なので
シェアもNo.1です。

緊急発信拠点は全国に約2,800ヶ所以上もあり、
異常事態発生や万が一の場合でも24時間365日、
すばやく対応してくれます。

緊急発信拠点が多いメリットとして
非常通報から現場到着時間までが短いというのがポイントです。

さらに、

家庭の防犯対策以外にも、セコムホームコントローラーを通して、
家族や友人の電話番号、保険証や運転免許証の身分証明書、
薬情報などの個人情報をセコムの「セキュアデータセンター」で厳重に保管してくれます。
そのため、万が一、地震や火事などの災害に遭遇した場合でも
セコムに情報を預けているので大切なデータを失わずに済むメリットがあります。

またセコムには「補償制度」があるのも重要なポイント!

この補償制度はもし、災害や盗難にあった場合に
損害額に応じて保険金や見舞金が支払われる制度になっています。

ホームセキュリティのシステムやサービス内容が充実している分
価格が高いのがデメリットです。

 

アルソックの特徴

アルソックはセコムに次ぐ業界No.2のシェアです。

アルソックの一番の特徴は価格の安さです。

「リーズナブルな料金で利用できる」と口コミでも評判です。

待機所は全国に2,100ヶ所以上あり、セコムと同じくらい拠点を持っています。
アルソックはユーザー目線のサービス内容があり、
スマホ、携帯電話、PCを使ってセキュリティの解除・セット、
窓開閉の確認が行えるなどのシステムがあります。
また、価格設定も各家庭の状況に合わせたプランになっていてます。

工事費やセキュリティ機器など初期費用が0円から初められる
ゼロスタートプランは、比較的リーズナブルな価格で始められます。

 

以上、

簡単にセコムとアルソックの特徴や違いを紹介しました。

まとめると、

補償制度があるシステム重視のセコム
価格重視のアルソック

ということになると思います。

私も被害にあったとき、建物の破損したところの修理費や
盗まれた現金のことを考えると、単なる価格だけでなく
補償制度があるセコムの方が安心かなと思いました。

失ったものは現金だけでなく、普段の平穏な日常生活や
安心感といったものまでもが一瞬にして崩れてしまいました。。。。。

これは私の意見だけなので、それぞれの家の大きさや部屋の間取り、
予算など人によって違うので、まずはセコム、アルソックの資料請求をしてみて
自分の目でたしかめたほうがいいですよ。

⇒セコムの無料資料請求はこちら!

⇒アルソックの無料資料請求はこちら!

 

 

 

 

 

セコムとアルソックの違いは?何がどう違うのか簡単にまとめてみました。

空き巣被害にあってから、セコムとアルソックの重要性に気がつき
早速資料請求しました。

資料が来るまで、セコムとアルソックがどのように違うのか気になり
色々と調べてみました。

すると、いくつか分かりました。

主な違いは2つあります。

その違いについて紹介します。

1、 価格

ホームセキュリティーと言えば、「高い」というイメージがありますが、
今では1万円以下の料金プランもあります。

セコムとアルソックと価格を比較してみると、
断然アルソックが安いです。
アルソックのプランでゼロスタートプランは
工事費、機器費が0円で月額7,760円です。

セコムの場合は、工事費、システム料金が発生してしまいます。

ちなみに、1年間使用した場合の料金ですが、
アルソックゼロスタートプランなら約10万
セコムのレンタルプランでは約15万になり、
セコムの方がアルソックに比べて1.5倍高くなります。

この価格はあくまで参考の目安であって
部屋の数やセキュリティ機器の設置する場所の数によっても
価格に違いがあるようですので、気になる方は
セコム、アルソックに見積もりをしてもらうとより比較できますね。

2、 保証

セコムにはアルソックにはない補償制度があるようです。
この補償制度があるため、アルソックよりも価格が高くなっています。
セコムに加入していて、もし現金や貴金属、家財道具が盗難にあった場合は
合計で250万円の保険金がおります。
さらに、災害や泥棒の侵入で建物が壊された場合は、損害額に応じて
最大100万円の見舞金が支払われます。

アルソックは料金は安いですが、空き巣の被害にあった場合の事を考えると
補償制度があるセコムの方がいいと思います。

以上、

セコムとアルソックの簡単な違いを紹介しました。

まとめると、

安さで選ぶならアルソック
補償が付いてシステム重視のセコム

ということになりそうです。

どちらにしようか迷ったら
まずは資料請求して自分で確かめてくださいね!

⇒セコムの無料資料請求はこちら!

⇒アルソックの無料資料請求はこちら!